高杜 一榮の世界

WELCOME TO TAKAMORI COLLECTION

402

モノローグ(姓名判断教室)

20210330火曜日

日本は最近世界の人々から「日本に行きたい」「日本に行って日本が好きになった」という声を良く聞く。その理由は日本人が結構真面目ですべてのことに寛容と自由と権利を施していると見えたらしい。外国の人々に日本を称賛されるのは嫌ではないが、その中にもしかして誤解しているのではないか、という別な観方もあるのではないか、と疑惑をもってしまう。しかし日本と日本人を褒められて悪い気持ちがしない。しかし自身は沢山の国から様々な国民性の人々が集まってくる。それは良いが、そのため別な面で日本のカラーが異なってしまわないか、と心配になる。というのも日本では細かい窃盗が数多くあるが、その中に日本人らしくない犯罪もないことはないように思える。犯罪も結局成田空港に降り立ち、血の通った人間のように動き出し、日本での犯罪の中身が変化してきているのではないだろうか?以前某所で一家殺害されてその犯人が未だに捕まらない。あれなどはどうやら、日本人の犯罪ではないように見受ける。日本人の犯罪ではないのは、その意外性、その残虐性、なおかつその完全犯罪的な渋とさと犯罪全体の余裕のある緻密さ。警察はおそらく日本人の犯罪と最初から捜査の取り組みが変わっていたのではないのか?最初の捜査段階で見落としている点も在った筈。これからの警察の捜査は、最初の段階から俯瞰的でなおかつ緻密な判断力を持つ必要があるだろう。これからの警察の捜査は、多角的意外性のある視点を複数持つべきであると考える。
意外にその時点で占いによる判断を取り入れるべきであったかもしれない。殺人事件であれば複数の視点が必要といえる。素人の自分が言いたいことを書いているが、殺人事件の捜査には神がかり的な異質の視点も必要ではないか、と思う。
 
姓名判断教室
本日は殺人事件に巻き込まれる人の姓名判断について述べる。新聞で殺人事件の被害者の名前を長い間姓名判断でみていたが、大抵名前の二番目の漢字(三文字の場合は三番目)と名前の最初の文字を足して数を観ると、おおよそすべて12、14、19、22などが多い。この数は不幸の数なので良く覚えておくべきでしょう。もし貴方の姓名に、この数字が出ているのであれば、今から魔除けとして姓名判断を学んでください。犯罪の被害は学ぶことにより、自然に凶運を避けられるものです。過去に行方不明になっている少女の名前を調べてみるとほとんど凶の数が出ていました。お子さんに名前をつける場合は姓名判断でよく検討してから決めるべきでしょう。もし迷うことがあれば、お知らせください。良い吉運の姓名をお教えします。このサイトのメール受付欄がありますので利用してください。
 
 
2021年03月30日 12:53