高杜 一榮の世界

WELCOME TO TAKAMORI COLLECTION

402

モノローグ

20201124火曜日

今日は自殺について、書いて見たい。朝から物々しいテーマで失礼いたします。たまたま朝色々なことを考えているうちに自殺する人について疑問が起きた。死にたくなったら、今どういう反応をするのだろう?死んだ人たちは死んで「これで良かった」と思っているのだろうか?そんな疑問を抱いているうちにふと竹内結子さんが亡くなったことを思い出し、サイトにアクセスした。するとそこに書かれていたのは、淡々と彼女のこれまでと、自殺周辺のことが判った。ところが何故自殺したのか?の疑問には回答が出ていなかった。つまり「何も考えず」「導かれるように」「ま、このまま行ってみよう」との流れがあったとしか、思えない。子供がいるのに残して行ってしまったことに後悔がなかったのか?という疑問が起きた。普通の人なら「子供残して死ねない」「子供が可哀想だから死ねない」と考えるのがフツーの考えかも知れない。自分は死にたいと思ったことはないが、脳裏に「このまま誰にも知られずに死んでしまえたら楽かも」という不埒な考えが通過したこともある。それで長い間生きていた人の本音を聞いたことを思い出した。今から数年前九十九歳の老女が「早く死にたい」「こんなに長く生きていたいと思ったことなかった」と会う度に言われていたことを思い出した。自分も若い人にそのうち同じことを言いそうになっているらしいので、失笑してしまった。しかし長く生きれば良いとは思えなくなってきた今日この頃。しかし明るく天真爛漫に息を引き取りたいというささやかな希望があるのだが、叶えてくれるかな?(数年前から新たに転勤してきた)わたしの神様は?
 
2020年11月24日 07:37