高杜 一榮の世界

WELCOME TO TAKAMORI COLLECTION

024s

モノローグ

20200911金曜日

最近昔の思い出をまるでビロードの布を触っているような具合に思い出す。過去は思い出せば、きちんと脳に戻ってくる。だがその思い出は当時の感情や感覚であって、過去だからとはいえ、自身の過去ではなく、古き時代の映画を見ているように、自身のものであって、自身のものではない「よそよそしさ」「無感動」「あなたって馬鹿ね」などの言葉が当てはまるような記憶。例えば自身の若さゆえの感情が「あの時、あんな感じだったのか?」と今ではどうでもよいことを、何故そういう行動に出たのか?と思い出す。実はある男性と単なる友人としてつきあっていた。だがその男性は地方に就職して東京にいなくなった。ある時、思い立って会いに行こう、と決意した。その男性とはただの友人だったが、一応美男子の部類に入る男性で高学歴で性格は優しく、正義感が溢れている風ではないが、とにかくただの友人の一人だった。だが地方に行った彼に会うために出掛けた。母はその人物を知っていたので、わたしにその旅行を許してくれた。実は母はその人物とのわたしの交際に乗り気ではなかった。理由はある意味その人物が親戚関係に近い関係であったためだ。彼は現地で会ってくれたが、車の中で話すだけで、どこにも行こうともせず、ただ一昼夜車の中だけで過ごした。不思議なことに彼に対しては、この惚れっぽいわたしには異例中の異例でそれほど惚れてもいなかった。だから平然と会いに出掛けたのだが、後で考えると彼は会話の中に重要な言葉を残していたのを、最近になって思い出した。彼の言葉の中に私に対する印象を短い言葉でもらしていたのだ。だがその言葉がいかなるものであったのか、思い出さない。ただいつもと異なる雰囲気で短い言葉で呟いた言葉だった。何事もなく明け方まで車の中で話しただけで帰宅した。母は何も言わず男性の名前も顔も見たこともあったのだが、何一つ質問しなかった。多分母は「娘には何も起こらなかった」と読んでいたらしい。それから小説で受賞した後、彼に会ったら「おめでとう」と言ってくれた。その後わたしが官能小説に近い分野の類を書いたこともあるのを、知ったらしくまた再会した。だが何も言わなかった。相変わらず二人の間に何もなかった。それ以後彼は結婚したらしく年賀状を送り合う仲だった。その後ブラジルの近くのある街で仕事をし、数年して日本に戻ってきた。彼とは何事もなかったのだが、何故そうなったか、後で判った。とにかく母も知っている遠縁に近い人物だったので、お互いの距離が近かったために、それ以上になる条件が揃わなかった。これが原因だったと最近になって思う。大好きで惚れていれば、おそらく関係は成立したはずだが、彼も私も未経験の二人が永遠に結ばれなかったのは意外に条件が揃いすぎていたためだったのではないか。彼がわたしを好きであったのか否か?の疑問は残るが、未だに判らない。
2020年09月11日 10:21