高杜 一榮の世界

WELCOME TO TAKAMORI COLLECTION

024s

モノローグ

20200901火曜日

最近気になったことは、農家で真面目に一生懸命作っていた野菜などが真夜中に泥棒が忍び込み収穫直前にほとんど刈り取られ盗まれた事件。テレビで知り、物凄く怒りが湧いた。農家の真面目な人々の汗と涙の作物を全部盗んでゆくという許せない行為。自身は農家に出かけて、真夜中にその泥棒を捕まえようと、考えた。考えたが、行かなかったのはおそらく農家の人々は、こういうお節介によって新たな事件が起きたら、その方がより怖いと思われるかもしれない。勇気をもって出てゆく余計なお世話を、それほど歓迎されないと踏んだのは賢明だったかも。しかしこういう無分別の正義感は誰に似たのだろう?不思議。誰に似たにせよ、誰もが考えないし、おそらく「可哀想」「気の毒に」で終わるのだろうと予想されることに激しい怒りとともに行動をしようとたちがありかけているわたし。何故こういうお節介をしたがり、出て行って助けたいと思うのか?不思議。ともかく他人が栽培した野菜や果物を盗むのは普通の窃盗よりも、思い重罪にすべき、と思う。こういう犯罪を是非即刻やめていただきたい。農作物やメロンなどの果物を窃盗する方に一言言いたい。「あなたの行為は未来にあなたの愛する人々を傷つけるはず、即刻やめるべきです」
 
2020年09月01日 08:05