高杜 一榮の世界

WELCOME TO TAKAMORI COLLECTION

0253s

モノローグ

20200130水曜日

このところ多忙だったが、ある事情で暮らしのリズムを変えた。ところでなつきが家でニャーニャー鳴かないのだが、当たり前。彼女は生まれつき聾唖に生まれた猫だった。最初は気付かなかったが、友人は「彼女は鳴かないよ」と教えてくれた。わたしが抱き上げて頬を寄せると、口を開け空気だけを出し、返答する。彼女はわたしに相槌を打っているのだ、と開いた口からのため息のような空気で感じることになっている。その口から漂う空気で彼女の返事を知る。最近では慣れてしまった。普通の人間の親だったら不憫で涙を流していたはずだった。だが彼女が猫なので、それほどの悲哀を感じない。しかし一応二年間位の小さな絆をもっている彼女とわたしは一方的な会話をして、満足している。たとえばわたしが抱き上げて「お互い年取ったら、一緒に生きてゆくのだから、頑張ろうね」と抱きしめると、彼女は嬉しそうにわたしの愛撫に応えてくれる。彼女の本当の言葉を聞けないが、それは贅沢、というものでこれからも一方的会話だけで通じ合う。仕事で遅くなり、帰ると彼女は飛ぶように走ってきてわたしの胸に飛び込んでくる。朝出かける時も、食事(エサとは言わない)をしているときに、顔をあげわたしが出かけるのを感じていてもそのまま食べ続けている。どんなことがあってもわたしのところに帰ってくるのだが、雨が降ったりすると、家から出さないようにしている。そうでないとずぶ濡れになり、風邪をひかせてしまう。最近は慣れてきたのだが、雨になると抱き上げて窓を開け「ほら雨降っているから今日は外にいけないよ」と言う。すると数分経ってからまた同じようにドアの前に座って「外に行きたい」と意志を表す。大体三回ほど抱き上げて窓を開けて外の雨を見せるとようやく理解して部屋の隅で爪とぎ、身づくろいをしている。そんな彼女が愛らしい。猫でさえこんなに愛しいのだから、人間だったらどうなるだろう?と首を傾げる。しかしわたしは子を作らないで良かったと思うことが多い。その理由をまた今度機会があった時に書く。
2020年01月30日 16:05