高杜 一榮の世界

WELCOME TO TAKAMORI COLLECTION

092bs11s

モノローグ

20190412金曜日

先日は新元号が令和(レイワ)決まった。それで新元号「令和」を姓名判断で占っ
てみた。すると令が5画で和が8画。二つを足すと13になる。この数は姓名判断
では最高に位置する。人間で言えば人気運もあり、才気煥発運という大吉数の運。
金運にも恵まれる。様々な分野で活躍し愛されるという恵まれた運気がある。人間
では範囲が限られるかもしれないが、国家の運気としては最高に広がりのある活躍
が約束されているといえる。たまたま令和になっただけだが、その選定が姓名判断
もクリアしていたとは驚きというか偶然にしては不思議。日本国は恵まれた運気を
初めからもっていたといえる。因みに「明治」は明が8画で治も8画足して16。
この16も13同様大吉数。人間でいえば面倒見が良くて吉運が強い半面、妬まれ
る事も多い。明治は外国との交流でいろいろと苦労があったが、名前自体にそれが
出ている。そして昭和の「昭」は9画「和」は8画足して17画。17画は吉数では
あるが、明治のような運気ではない。姓名判断の中で「苦労が栄華に変えられる才
能あり、歳月を重ねるうちに基盤が築かれる」と出ている。そして平成。「平」は
5画、成は6画で足して11画になる。11は吉運ではあるが、令和に較べると小規模
の運気。不運に見舞われることもあるが、元来が強運で跳ね返せる力あり、と出て
いる。こうしてみると、一番良き運気のある元号が定まった、という印象がある。
令和が明治よりも、昭和よりも、平成よりも強運という結果が出ているので、元号
の決定に誤りもなく、しっかりと力のある元号を定めたと言っても良い。未来が楽
しみである。これを機会に姓名判断に興味を抱く人が増えて欲しいと願っている。
店名や社名を、なおかつ自身の生まれて来る子に正しい姓名判断で選ぶことが望ま
しい。
 

 
2019年04月12日 11:09