高杜 一榮の世界

WELCOME TO TAKAMORI COLLECTION

092bs11s

モノローグ

20190218月曜日

最近コンビニやレストランの従業員たちの「悪ふざけ動画」が頻繁にテレビで流されている。自己顕示欲、目立ちたいため必死に画像をデッチあげたらしく、どれもインパクトも魅力もない。「ただ悪さをして目立ちたかっただけ」の画像をアップしただけのようだ。才能がなく、特徴もアイデアも貧しく「ただちょっと目立って騒がれたいだけ」だが、それで満足しているらしい。レストランの従業員らしい男が調理器具を身体の一部に当てたり、ほとんど酔狂な動画だが、それが店の信用に傷をつけることになるのを推測出来なかったらしい。世間を騒がせることになるとは、思っていなかったようだ。若者たちが何か自己主張したり、目立とうとしたりするのは、時間を持て余し、何かでとにかく目立ちたかっただけ。この事件で企業側は犯罪として扱い、警察沙汰になる道筋が成り立ったようだ。従業員は解雇だが、いったん事件を起こし、迷惑を八方ばらまいて自分だけ助かると思っていたのだろうか?その上解雇された後に待ち受ける世間の白い目や非難を想像できなかったのか?アルバイトだから許されるわけではなく、企業側はきちんとした手続きを取っているようであるから良いが、無知で能力のない者の犯した愚かな行為はこれからも出て来る筈だ。再教育と言う提案もあるが、大体その種の犯罪を犯す者は元々無知で、知識が欠如しているためにどの程度教育しても無駄かも知れない。罰が下るかさえ、想像できていなかったのだろう。今回の事件がテレビで報道されたので、愚かな者の出番は減少するだろうか。何故そういう類の事件が後を絶たないのか?一番良い薬は、愚かなことを動画として流しても拡散させず、テレビ側も無視することではないのか?ともあれマスコミは若者たちに対する教育も任されていることを熟知するべきではないか?また犯罪としてきちんと罰を与えるのも教育だ。しかし酒を呑んで余興に卑猥な場面を展開する大人たちを見慣れていた若者たちは、こんなのは誰でもやっている、と思った可能性もある。中年の呑んだくれた大人たちのだらしがない姿を見慣れていた若者たちは、自分たちが一体何の罪を犯したのか?と首を傾げているかもしれない。大人と若者の間に誤解があるのかも知れない。調理器具をどう使おうか自由だが、暇でおかしな行動をする若者をもっと更生させなければならない。日本人の質が悪くなってきたと思うようになったら、富士山が鳴く。鳴くよりも号泣するだろう。富士山が号泣しないように皆真面目に生きよう!

2019年02月18日 10:41