高杜 一榮の世界

WELCOME TO TAKAMORI COLLECTION

092bs11s

モノローグ

20190212火曜日

最近自身の幼い子を虐待する親が増えているらしい。昭和初期から中期の日本人たちはまだ核家族を形成していない人がいるだろう。だが、最近では核家族が増えているから、家庭の問題を自分たちで解決できず、悶々としているうちに家庭内で暴力を揮うという具合に追い詰められ、醜態(児童を虐待するという不具合になる)を晒してしまうようだ。核家族の末路が児童虐待であれば、日本の未来は暗い。核家族を大家族にする方法はある筈だ。日本を核家族増加のまま放置してはいけない。なるべくなら政府が子供を持つことを手助けする体制を築くことが先決ではないか。暴力は一方の力が強いからで、その点をうまく調整すればこの家庭内暴力の問題は解決するかも知れない。あまり存在しない方法としては、家庭内暴力を揮う夫がいる家庭に家庭復活調整師を派遣する。「家庭復活調整師」は問題の家庭に行き、暴力の存在を確認すると、その妻と一対一で対面し、男女同権であり、妻が夫に逆らって暴力を揮って解決に導くと言う裏技を提供する。暴力を揮う夫を組み伏せ、逆に相手を力不足で敗北感を与えると言う場面展開に導く。これであれば暴力で虐げられる妻は出て来ない。力で押し返すことが可能であれば家庭内暴力は起こらない筈だ。長い間の夫婦生活で夫の暴力に反撃を出来るようになれば、手出しする男はなくなる筈だ。妻は虐げられてばかりではいけない。夫の暴力を正義をもって押させつけなければならない。如何だろうか?まずはママさんレスラーにご教示をお願いいたしましょう。ジャガーさんお願いいたします。

2019年02月12日 03:45