高杜 一榮の世界

WELCOME TO TAKAMORI COLLECTION

092bs11s

モノローグ

20190113日曜日

一昨日歯医者にいったが、そこで歯の磨き方を指導された。これから歯の磨き方を変えねばならず、その通りにするべく暮らしている。この年になり磨き方を教えられたのは初めて。歯ぐきと歯の間に歯ブラシを当てて、そこを念入りに少しずつ磨くのだと言う。今までかなりの年数を生きてきて、歯の磨き方を教えてくれた歯医者はいなかった。それで何だかその歯医者の全体のポリシーがわかり信頼してしまった。以前の歯医者は久しぶりに歯のお掃除をお願いしたかったが、何も言わないうちに「この次に右上の歯の差し歯を抜き、新しいのに入れ替えましょう」とのっけから言われ、次の予約日を決められた。どうも納得いかなかったので、自然体でフェードアウトするべく予約をキャンセルした。そのような理由で新規に見つけた歯科医の所に通うことになった。そこではわたしの歯を色々と綿密に調べてくれて、これからは全体の歯の管理をしてもらえそうな感じがした。今回良い歯医者に出逢ったので、内心「ラッキー」と思っている。クリニックの中は新しく白く綺麗でかなり「値段が高そう」だった。だが前の歯医者と異なり、経営自体がしっかりしていて、ポリシーやスタンスに隙がない。高くてもここに通えばなかなか良いと感じた。そんなわけでわたしの歯はこれからきちんと管理されることが判り、安堵している。歯もそのほかの身体のパーツも、健康は医師のポリシーや経営スタンスに影響されるのだ。これでわたしの歯は老化を含めて解決してもらえそう。春先から運気が良い。この歯科医院では最初にアンケートを差し出され、今までのわたしの歯の歴史を記入するところから始まった。過去に歯の治療で麻酔を使いましたか?麻酔で気持ち悪くなりましたか、など。多数の質問の有無を記入させられた。確りと面倒みてもらえそうなことが判った。歯医者の選択によって歯の運命が決まるのだから当然だが、このように緻密な医師に会った事がなかったので、吉のオミクジにあたった様な気分でいる。わたしは虫歯がなく、かなり順調に年を経ているのだが、過去に事故に遭っている。かれこれ三十年前だが、上野駅の階段を降りているときに、後ろから見知らぬ男がわたしの上着の左のポケットに手を入れそうになった。そこに財布が入っていると思ったのか、突然「すられる」と思って、振り返ると男はわたしを肩で押すようにして下に走って去って行った。「あ、財布すられた!」と思い「スリ、スリ!」と叫んだが男の姿は見事に消えていた。わたしはすられたと思っていた。思い込みから、財布ばかり気にしていた。確かにその男はわたしの財布を狙っていたらしい。男を追い駆けて階段を降りたが、男が逃げていなくなり、その瞬間あっという間に転倒した。顔面から階段に落ちていた。後ろから来た人が心配して「大丈夫ですか?」と尋ねられ、わたしはポケットを触った。だが財布は消えていなかった。しかし財布を取られるより最悪なことになっていた。わたしの前歯から血が出ていた。舌で歯を確かめると何故かザラッとしていた。家に帰り鏡を見ると、前歯の一部が欠けていた。翌日歯医者に行き欠けた歯の代わりに差し歯をいれることになった。最初は金歯だったがその数年後歯と同じような象牙色に少し色が入った歯を入れてもらうことになった。つまり前の歯科医はその差し歯を入れ替える仕事をしたかったらしい。わたしの歯のヒストリーは虫歯がないのに、事件だけは事欠かない。家に帰り、歯の欠けたわたしが「こんなになっっちゃった」と歯を(今は亡き)夫に指差して見せると、当時新婚時代だったので、わたしの話すことがよほど可愛かったのか、それともドジな妻を馬鹿だなと思ったのか、何故かニコニコ笑っていたのを思い出す。

2019年01月13日 07:54