高杜 一榮の世界

WELCOME TO TAKAMORI COLLECTION

0253s

モノローグ

20181110土曜日

先日のテレビニュースで中国のバス会社の事故を撮影した恐ろしい映像をみてしまった。バスの内部でバスの運転手が女性客にクレームをつけられ殴られている、光景だ。テレビ側のナレーションでは女性客が下りるべきバス停で下ろしてもらえなかったので、運転手にごねていたらしい。バスの運転手は運転しながら女性客をなだめようとせず適当に応対していたが、女性客が運転手を殴ったのかどうか確かではないが、運転手は運転を誤り、バスは客15名乗せたまま崖に転落。全員死亡。愚かな一人の客のために十四名が亡くなったというお粗末で悲惨なニュース。バスの他の乗客は文句をつけた女性客の遺族に損害賠償を請求しても良いのではないか、と思ってしまう。これを「神様が一人に罰を与える際、ミスをした出来事」というのか。関係ない者の巻き添え死というのはどういうわけか、無差別。もう一つのニュースは今現代アートでトップを走っていると思しき草間弥生氏の展覧会を中国で偽の作品を並べて展示し、主催者は日本からの取材に平然と法は犯していないと、どこ吹く風。この二つのニュースを見る限り、中国の国民のほとんどがこういう類の人びとなのだ、と判断せざるを得ない。そうなると中国を観光するということは正に命懸けだし、買い物も本物かどうかの真偽もその場で判断できにくい国と思うしかない。毛沢東が悪いわけでも周恩来が悪いわけでも現時点での習主席が悪いわけでもない筈だ。おそらく中国人全般に昔の良き時代の遺産の値打ちをまだ判っていないのではないか。古き良き時代に生きていた世界的人間国宝ともゆうべき哲学者も出ているのに、その歴史を背負っているという誇りがないのか、ないなら様々な珍事件も理解できるが、昔の孟子、孔子がどのようにこの事態を判断なさって発言をなさるのかどうか知りたい。

2018年11月10日 19:19