高杜 一榮の世界

WELCOME TO TAKAMORI COLLECTION

092bs11s

モノローグ

20151129

週刊新潮の連載の高山正之氏の「変幻自在」を毎回のように読んでいるが、12月3日号の「スイス人の行い」に特筆すべき箇所があった。引用すべきであるが、ざっと内容を表現すると、白人は戦争中残酷な行い(軍事基地ではない市街地への原爆投下)をしているが、それを払拭すべく文化財を保護したとか、日本の歴史的建造物を壊さないために京都奈良を外したと喧伝。そのためか日本人たちは白人が奈良や京都を爆撃しなかったことを過剰に感謝していた、というようなことが、書かれている。白人は残酷な行いを隠蔽工作するために、ありとあらゆる努力をしているが、その行為の裏側にあるのは狡猾さだけ。「白人を決して買い被っていけない」と最後に締めくくっている。日本人は京都や奈良を爆撃しなかったことを、感謝し過ぎることはないし、彼らの非道な行いは未来永劫に地球の「遺産」として遺されることに変わりない。
2015年11月29日 05:08