高杜 一榮の世界

WELCOME TO TAKAMORI COLLECTION

092bs11s

モノローグ

0151202

最近思うことだが、どこの会社も通販を利用すると、必ずパンフレットをしつこく送ったり、またはメールを何回も送ってきて再度の注文を催促する。これが頭の痛いこと。大体パンフレットを見ないし、なおかつ宣伝のパンフだと判ると開封しない。こちらにも日課としている仕事があるし、なおかつうるさく感じる。もう二度と利用したくなくなってしまう。メールも一度利用すると執拗に再度送ってくる。これもうるさくなり、二度と利用したくない。その上非常に迷惑なのはメールを送られたくない場合は削除登録してください、とありアクセスして完璧に削除しない限り永遠に送ってくる。これが非常に迷惑。結論から言えば消費者に忍耐を強いる売り手側の上から目線だ。消費者を傷めつけ、イライラさせるため努力しているとしか、言えない。消費者を大切にする気がないのか?もう少し考えて欲しい。それから購買欲を刺激したいためか、プレゼントを用意し、連絡させる商法。あれって詐欺的な雰囲気がする。人はただの物を欲しがるその欲目当て。わたしは一度もただの物を欲しいと思ったことはない。なんとか美しい商法を考えて欲しい。
2015年12月02日 05:02