高杜 一榮の世界

WELCOME TO TAKAMORI COLLECTION

092bs11s

モノローグ

20170922金曜日

9月21日の産経に、日本の陸上自衛隊の活動記録が8面全面に載っていた。活動の中には地雷、不発弾除去技術の開発が含まれているという。それを知り世界が日本の防衛能力を評価したことが判った。次第により高く評価される軌道にのったと思えた。国民は自衛隊に見学に行かない限り、自衛隊の真髄を知ることはない。この自衛隊の活動が外国から高く評価されているのを知ると、それは自衛隊の価値をあげる以上のことがあったといえる。日本国家自体の値打ちを更に増し、品格をあげることに繋がる、と思えた。自衛隊に対してまだ理解が得られていない面もあるが、これからはこの組織が日本の値打ちを更に上げて行くのを見守り、理解するスタンスを培うことが肝心。日本の価値の真価を担うのは彼らの真摯で揺ぎ無い団体力に違いない。陸自のPKO派遣について「日本の支援は他国と較べて特別だった」という賛辞があったという。更に国連特別代表が「日本はあらゆる面においてプロだった」と述べている。これは以上の褒め言葉はない。この賛辞が未来の自衛隊を担う若者の脳裡に残って欲しい。
2017年09月22日 19:57