高杜 一榮の世界

WELCOME TO TAKAMORI COLLECTION

092bs11s

モノローグ

20171121火曜日

力士を巡る、貴乃花の弟子が横綱の日馬富士に殴られたという暴力事件でテレビでは「あーでもない」「こーでもない」なおかつ「ああだろう」「こうだろう」という風に問題が膨らみ、歪み、そしてなんとなく曖昧なものが露呈して来た。つまり日本的伝統的な世界に面子とか日本的で、いまをときめく「忖度」とかが出て来て勝手に振舞っているような印象がある。事件は暴力事件だが、何かもっと優雅な要素があり、その上その逆の非優雅なものが拮抗していると思える。力士の世界は潔く決着がつくと思われたが、そう簡単ではないようだ。関係ない世間の人びとは早急な解決と決着を望んでいる。あの狭い土俵の上で当然の正義を貫くことを期待している。今回この報道が盛んにテレビで出て来ると、まるで今世紀最大のニュースみたいになっているが、少なくとも北朝鮮の頭領の話題よりもいくらか緊張感が少なくて済む。しかしどうやら貴乃花にはこの機会に日本で角界の大改革を巻き起こしたいという意志が働いているように感じる。それほど長い間相撲の世界は因習や変えようもない古いしきたりなどで身動きが出来なかったのだろう。良い機会というか、以前から溜め込んだ人間の身体でいえば、ストレスが原因で内臓が蝕まれていた肉体を改造するというように、最適な機会を迎えたと思えば良いのではないだろうか?貴乃花一人で出来なければ誰か外界から助っ人を送り込んで改革の狼煙を上げてもらうべきではないだろうか。日本の相撲の世界の改革は是非行われるべきではないか。改革により、新たな相撲関係の人材も増えるはず。
2017年11月21日 05:48