高杜 一榮の世界

WELCOME TO TAKAMORI COLLECTION

092bs11s

モノローグ

20180127土曜日

今日は猫のことを書く。実を言えば猫嫌いだった。以前は生まれたばかりの猫がやってきたときも、「シッシッシッ」と追い返していたほど。ところが十数年前から飼っている友達が飼っているチビちゃんの世話を「ある事情で」任されてから、猫好きになってしまった。そのチビちゃんはかなりの人見知りで絶対飼い主以外人に懐かない猫だった。だが毎回餌を与えているうちに可愛いという「人並に猫を愛する情感」がわたしに育ったらしく、心底可愛くてしょうがなくなった。彼女は食べる時に鼻の上に小さい皺が浮かべる。懸命に食べているチビちゃんの鼻の上の皺を見ると「この子を一生護ってあげたい」と思うに至った。そのきっかけになったのは、最近の出来事にある。いつも朝昼晩と三回カリカリ(乾いた餌)とカツオの切り身を微塵切りにしたものを交互にあげていた。以前は皿の上にのせて置いておくのだが、そのうち食欲がないので強制的に食べさせるため餌を手にのせて食べさせているうちにその方が食べ易いのか、手にのせないと食べなくなってしまった。そのうち何かわたしのドアの開け方に驚いたのか、彼女の逆鱗に触れ、餌を食べないハンストみたいなことになってしまった。つまりわたしへの怒りが高じてハンストしたようだったがそれが続かず、仕方なくわたしが差し出す「お食事」を「仕方なく食べる」ようになった。こうして培ったお互いの「上下関係」というか「猫人関係」というか、その麗しい絆が逞しくなりつつある。最近の出来事では、この極寒の天候のせいで彼女は正式な飼い主が不在のため温かい膝に乗れないため、寒くてしょうがない。それでわたしは密かにホットカーペットを温めておき、自然に彼女がそこにのって眠るようにしかけておいた。だがいつになっても気付いてくれないので困っていた。昨日そのホットカーペットの温もりを確かめるために、触ったら「ギャッ」と声がしてチビちゃんが逃げていった。内心良かったと安堵した。なにしろ密かに温めておいたカーペットに気付いてそこに眠るようにチビちゃんが利用し始めていたのが判ったから。逃げていったチビちゃんに「ごめんなさい」と言ってそっと二階に上がった。飼い主が帰って来るのはまだまだなので、当面この二人暮らしが続くようだ。「チビちゃんあなたの大好きな人はもうすぐ帰って来るからね」と話しているのだが人間の言葉を理解しないチビちゃんはひたすらわたしの手の上のかつおの微塵切りを必死に鼻に皺よせて、食べるだけ。そういえば相棒はチビちゃんに死に水を取ってもらうと言っていたのだっけ。
2018年01月27日 11:01