高杜 一榮の世界

WELCOME TO TAKAMORI COLLECTION

092bs11s

モノローグ

20180304日曜日

最近相棒の飼う猫のチビちゃんの世話をしているだが、チビちゃんという天才猫は以前からその頭の良さを物語る逸話には事欠かない。一昨日は面白い場面があった。飼い主が入院中なので彼女(チビちゃんはメス猫)はわたしの世話を仕方なく我慢をしているのかもしれない。二月の寒い時期に彼女にはホットカーペットの上で寝るようにさせていたのだがある時姿が見えない。散歩に出たのかと家の前の駐車場を見るがいない。それで心配して家の中で名前を呼びながら探していると、ニャーと鳴く声が聞こえた。鳴き声を辿ると奥の部屋の押入れの上段のプラスティックの整理箱の上で蹲っていた。彼女が言葉を発するとすれば「あっちの部屋は暑くなったのでこっちにきているの、こっちは涼しいから」ところがそれが判らなかった。だが二日してなるほどと理解した。春なので季節柄寒暖の差が著しく彼女は暑くなると北の部屋の押入れ、寒くなると南の部屋の窓際で日光浴という具合にして暮らしていたのだ。誰も教えないのに、と思うと彼女の賢さに感動する。わたしは寒暖の差があり毎日寝る場所を変える彼女が不憫で仕方なくなり、思わず「チビちゃん!」と言ったまま、彼女の前で涙を零してしまった。すると天才猫は愕然として眼を見張り、わたしの顔を凝視した。彼女が言葉を発したとすればこうだ。「どうしたんですか?何故何故泣いているんですか?」「わたし何かしましたか?」わたしは彼女が愕然と見ているのを初めて見たが、あれは猫を被ってるわけもなく、人間を被っていたのだった。つまり彼女はわたしの顔を「人間が相手を気遣う」まさにその境地で対応していたのだ。そう思うと飼い主が入院したことを知ることもなく、ただひたすら待っているチビちゃんが不憫でならなくなった。この話をした時、飼い主はやはり涙を零していた。今までホットカーペットの温度を調節して彼女が暑すぎず寒すぎずと、気を遣っていたのだが、同時に彼女も気を遣っていたのだ。それを判って来た。誰にも懐かず、飼い主だけだったチビちゃんはわたしを受け入れてくれてわたしの泣き顔を見て愕然とした。天才猫チビちゃんはやはり抜群の賢さを持つ猫だった。そういえば相棒との会話があった。「チビちゃんが死んだらあなた悲しくて生きていけないんじゃないの?」「それはいえてる、チビちゃんに死なれたら当面物も食べられない」これから何が起こるか一寸先は見えない。
2018年03月04日 08:29