高杜 一榮の世界

WELCOME TO TAKAMORI COLLECTION

092bs11s

モノローグ

20180619火曜日

最近というか、かなり前から頻繁に発生しているストーカー殺人も気になるが今回幼児の殺害事件のことを書きたい。最近幼い女の子を殺害する事件があった。どうやらこの問題は解決不能な深層の分野になると思える。ストーカー殺人は以前十代の女性が付き合っていた人に恨みを抱かれ殺害された事件もあった。この種の大人になった若い女性が被害者になる事件は今後また書くことにするが、今回は幼い女の子が犠牲者になっていることを主題にする。何故男性は幼い女の子を狙うのか?これが疑問に思えたがどうやら男性の中の深い部分に、燻(くすぶ)っているものが事件を起こすらしい。男性方は責任を持って自分たちの同胞が犯した犯罪を他人事とは思わず、解決への努力を示していただきたい。「どうせ色気狂いが犯した犯罪だろう?」「オレは違うから」「自分は今、粗末な相手だが充分満足しているから」「オレとは全く世界が違うから」そんなことをノホホンと呟いているから自分の大切な存在を殺される羽目になる。とにかく猫も杓子もブス男も美男も責任をもって解決への道筋を見つけて欲しい。あなた方の誰かの幼い娘が将来素敵な魅力を持った女性に成長してゆくのを無視して、熟慮せず簡単に殺めてしまったのか?その奥に在る筈のどうにもひとくくりできない色欲と間違った情熱の暴走を、何故止められなかったのか?それは偏に女性全体を長い間下位に置いていたことに因るための「文章にも出来ない程度の恥も外聞もない不埒な行為」であったのですか?それが本当なら根幹の「そこんところ」を「ここらへんで」どうにかしませんか?幼児の女の子を殺した罪はその人の家族親族知人にまで非難が及ぶ筈の大罪ですよそこんところを理解していますか?あなた方男性側で熟慮して解決をつけなければならない問題です。今後幼い娘が毒牙に掛かり殺されることにならないように「手を打つ」ための何らかの動きをしないといけないと思いませんか?女性にも責任があると思われるなら、そこのあたりをもう少し正確に煮詰めないといけません。しかしながら何故女性はこの種の犯罪を犯さないのか?それは母性が絡んでいるからなのか、母性は異性に対する誤まった情熱の迸りを停めることができるのか、不明だが女性が幼い男の子を誘拐して殺害したという事件はないようだ。どうもそこのあたりに男性のこの種の事件の深層がありそうな気がする。しかしこの世は意外と進化していない。問題解決には男女両方がタッグを組み取り組まねばならないとみえる。事件が起き、騒ぎ立てそのまま時間が経過するというほとんど何も進展しない世間の風潮が続いている。事件はどこで誰によって起き、そして忘れ去られているのか?日本には事件解決のための究極の知性が存在しないのか?
 
2018年06月19日 02:57