高杜 一榮の世界

WELCOME TO TAKAMORI COLLECTION

024s

モノローグ

20200723木曜日

今日は朝から雨。猫のナツキはいつもご飯を食べたら必ず外に行きたがる。雨だからダメと言っても聴く耳を持たない。それで抱っこして窓際に行き、ほら雨だからね?と顔を見ると納得したのかおとなしくなって、後はテレビの前でつまらなそうにゴロゴロしていた。まるで人間の娘みたいに感情を表すので面白い。ところで世間はコロナ騒動なおかつ最近の俳優三浦春馬の自殺の情報を流していたが、二日も経つと彼の自殺のニュースは全く出て来ない。かなり鮮やかに後を引かないのはどうしてだろう?と不思議に思えた。インターネットで検索するとやはりすぐには出てこなかった。その上やや不快だったのは、彼の本が発売されているのが分かった。それもかなりの金額なので更に仰天。亡くなったために値段が高騰したらしい。世間というのはこういう「すばしっこさ」と容赦のない冷酷に近い「欲塗れの商売熱心」で形成されているらしい。三浦春馬さんの純粋さなどはまったく踏みつぶされてしまう位のしたたかさ。慣れねば生きてゆけない?そうだろうか?もう少し一人一人が彼の自殺の意味を追求せねばならないのではないか?自身も見極めがつかないが、彼の自殺を貴重なメッセージとして受け取らねばならない、と思う。日本でも自殺者が毎年数万という数字になっているらしいが、その報道に慣れてしまい無感覚になっているようだ。人間の世界は清濁あわせ呑むということになっているが、何故か理解に苦しむ部分がある。金にまつわることが汚いとは言わないが、もっと物事の真実を見極めて報道して欲しい。だがかくのごとく書いている自身もその理解に苦しむ人々の群れの中の一人になっているかもしれない。かもしれないどころか、全くその中の一員で平然としているのだろうか?ともあれ彼の死も、その他大勢の自殺と同じに分類されてあの世に行ってしまい二度と戻らない。これを機会に自殺と人間について深く熟考してみたい。そういえばかなり親しい人が過去に自殺で亡くなっていたのを思い出し、再び悲哀を味わった。親しい人の自殺はかなり衝撃が強烈。自身の場合その情報を十年後にもたらされたので衝撃は薄まっていたが、思い出すと薄まっていた衝撃にいくらか感謝した。不謹慎だが悲哀はまともに受けるよりも薄まっていた方が助かる。
2020年07月23日 10:05

20200720月曜日

今日は登山家の野口健氏のことを書く。実は最近テレビでお見掛けして、ふと野口氏のことを書きたくなった。というのは野口氏はお母さまが日本人ではなく(国籍は忘れたが)彼が幼い頃に子供二人を配偶者に任せて、再婚してしまった、と記憶している。そのお母さまが今から数年前に日本に来て、再婚した相手と別れたのでまた家族になりたい(と述べられたのかその種の訪問をうけた)とのことだったが、彼は幼い頃は母恋しくて「お母さん出て行かないで」と泣いて訴えたと(推測する)いう。しかしお母さまはそれを振り切って出て行った。その母上に息子は答えた。「僕はもう大人であなたを必要としていない。だから帰ってください」と述べた(推測される)。わたしはその場面をテレビで見て「やはりそういう反応になる筈。彼女は母を失う息子の悲しみをまだわかっていなかったようだ」と思えた。彼女は息子の言葉に従い泣く泣く帰って行った。その場面を見て、野口氏の気持ちも母を拒絶した反応も理解できたので、内心「それでよいんですよ」と思っている。日本でも同様の場面を繰り広げている家族はたくさんいるが離別をどう切り抜けるか、で人生変わるかもしれない。わたしは野口さんの反応を理解し、「それでよいんです」とテレビの画面に向かって呟いていた。様々な別離があるが、別離は解決の一つなので勉強すべきと思う。最後に野口氏のお父様のことを書く。母を失った息子を山登りに連れていき、山に登ることの素晴らしさを教えた。このお父様が存在したので彼は母を失った悲しみを払拭でき、登山家として成功していったと推測される。幸福は必ず訪れるのです。
2020年07月20日 17:44

20200719日曜日

昨日猫のナツキの扱いがやや雑だったような気がする。なぜならキッチンで虫退治の薬を使ったので、ナツキをキッチンに入れないようにしていたのだが、そのうち機嫌が悪くなったのか、いなくなった。キッチンに入れないようにと余計なことをしたのが祟ったのか今朝は姿が見えない。彼女が猫なのでキッチン入室禁止の理由を説明できない。それでお互い「不幸な関係」になっている。相手が猫なので困るときはこういう事情がある。仕方ないので、流れに任すしかない。「お前をキッチンに入れないのは理由があるんだよ」「虫退治の薬をあちこちに噴霧したからお前を中にいれて薬でお前が気持ち悪くなるといけない、と思っていたんだよ」と伝えたくても伝えられない。お互い生き物の種類が異なることで意思疎通が難しいのは、当たり前だがこうしたときに不便。猫の体に影響のない虫退治の薬はないものかどうか。そんなわけで昨日からヤキモキしている。今日ナツキが帰ってこなかったら、数日悩んでしまうだろう。悩んでいたが自身が買い物をして戻ってきたら玄関でバッタリ出合ったので良かった。
日曜日になり、
雨のため外出できなかったのでろくな買い物ができずさっき買い物を済ませて帰って来た。最近重い荷物を持つのがかなり厳しくなり、これからどう暮らすのか?と自問した。打つ手なし。つまり誰にも頼れないし、頼りたくないし、現状変わらずで過ごすしかない。猫と一緒に暮らしているので、猫のナツキがわたしの人生の相棒。そのためいつも話をしかける。「お前が頼りなんだからね、死ぬときは一緒だよ」とはいえ友人に言われたことを思い出した。彼女はわたしが猫を飼っていると言ったら、それはお金がかかるし、死んだ時に葬式しなければならないし、猫用のお骨を収めるお墓が必要などと不安がらせるような言葉をいう。余計なこと言うことないのに、と愚痴を一人でこぼしている。しかしわたしは今からナツキのためにどんなことがあっても対処できるように、準備することを考えた。お墓はすでにあるが、あれは人間用なので猫はいれられないかもしれないが、自分のお骨に一緒に混ぜてくれ、と遺言を残しておきたくなった。まさかそんなこと後の人がやってくれる見通しはない。そうだ、今から「私の死後、ナツキが生きていた場合は、そのまま飼育を続行し、ナツキの死後、お骨をわたしのお墓にいれてください」と書き残すというのはどうだろう?真面目に考えている。

2020年07月19日 09:48

20200718土曜日

今日は全く何もしなかったような怠惰な過ごし方をしていた。いつもテレビを中心に暮らしているせいか、テレビの馬鹿馬鹿しい映像を押し付けられるまま観ていたところ、ふと気が付いた。テレビの番組の制作陣は最近ネタ切れで、新しい企画など考えられないらしい。何しろ一度コロナに関する企画が受け入れられれば、そればかりやっている。またよくある男が女を殺す殺人事件ばかり追いかけて、新しいチャレンジ精神を試みる気もないように見受ける。そのため皆似たような番組ばかり。あるところで一度受けそうな企画を出して流すと、それと似たような番組がほかの局で真似ていたりする。つまり彼らの脳の中身は同じテーマを追いかけ真似るだけになりつつあり、大胆な企画などをする気がないらしい。わたしから提案したいことがある。突然素人の人をいきなり抜擢して、その人の好きなように番組を作り出させ、それをまた素人が判断するなどのアイディアコンテストをさせるというのは面白いかも知れない。プロの眼から見たら危なっかしいのが結構受ける可能性あり。試しにやってみるとよい。種切れならなるべく冒険しなければ、視聴者が逃げてゆくに違いない。
 
2020年07月18日 19:17

20200717金曜日

このところ天気が悪い。そうなるとどういうわけか、気分も暗くなる。なぜそうなるのか理由は不明だが、イライラして、むっりして暗い顔している。一人で暮らしているので誰にも迷惑かけてはいないが自分の機嫌が悪いのを誰もご機嫌をとってくれないので、自分で始末つけなければならず、自分の不機嫌に腹を立てているという複雑な状態になる。これを変えるには美味しいものまたはカラオケ熱唱などだが、どちらもその気にならずいつの間にか、ナツキが自然に近寄ってきてくれて機嫌をなおしトラブルを自然解消。なるほどナツキが解決してくれるという「裏技」があったとやっと気が付いた。彼女はわたしの傍で眠っていたがいつの間にかいなくなり、どこにいったのか、と探していたら押し入れの中の衣類の中に埋もれて、気持ちよさそうに眠っていた。彼女が眠っているところの衣類や布などの数々を、どのぐらい高価でも、もったいないなどは思わず、わたしの宝ともいうべきナツキが眠っているのであれば「それでよろしい」ということでそのまま爆睡させている。大体わたしが持っているものはそれほど高価なものがないので、ナツキがどこで眠ろうが被害はゼロ。わたしの日々に素晴らしい境地を与えてくれたナツキの存在はまるで適材適所ということで、彼女との遭遇を実際有難いと思っている。彼女はわたしのことをどう思っているのか知らないが、彼女はうちに来るとほとんど彼女の考えた通りに振舞っている。ある日頭をガシガシと引っかかれるような感じで起こされた。気が付くと眠っていたわたしの頭の髪の中に両脚を入れて、ガシガシと引っ掻いていたのだ。「いつまで眠っているの!お腹が空いたので何か出してよー!」と叫びたかったらしい。ちなみに彼女はうまれながらの身体障碍者、ニャーと鳴かない猫なのだ。そんなわけで彼女の声の代わりに自分の意志を表すために必死になっていたのだった。そのため彼女の両脚の接近には気を付けている。しかし声を出せない彼女がわたしに自分の意志を伝えるために両脚を使って思いを伝えることができたのはすぐではなかった。そのためにどの程度時間がかかったのかと考えると涙がこぼれそうになる。それを考える度に大切にしなければならないと真摯で純粋な気持ちになるのだった。

2020年07月17日 18:07

20200715水曜日

最近テレビでは女性が男性によって殺される事件が多い。傍からみると、男も女も付き合い方が上手ではなく、男は惚れられていると勘違いし、女は彼に愛されていると勘違いしすぎ、女は殺されるまで男性の怒りの発生を感じないのではないか、と窺える。お互い付き合っていたら、相手がどの程度の性格をし、警察沙汰にならない人間かどうか、感じる筈ではないのか?ヤバイ人間に属する性格なのか、基本的な識別ができていないのではないか、と不思議に思う。よく考えてみれば、自身は付き合った男性は数が多かったが、その中でこの人はヤバイと感じた男性はいなかった、と思う。つまり異性には苦労しなかったということになるのか、どうかそこのところは不明。今思うと母は良く異性との交際をきちんと観察し、危険性がある場合は自然に安全な方に誘導していたように思える。今思うと異性との交際を観察し、上手に女性として大人になるよう、それとなく教えていたのかもしれない。今思うと異性との交際は不思議に反対を唱えず、上手に観察していたようだ。なぜなら相手が妻帯でも、家に遊びにゆくのを許可してくれていたのだ。母のその種の慧眼は確かだったようだ。しかしながら最近(というか昔から同じかもしれないが)女性が殺される事件が多いのは何が原因なのか?それだけ男性が女性との付き合い方を真面目に学んでいないためではないか、と感じる。事件を起こさない人を女性が見分けるのは簡単ではない。一番肝心なのは、男性は自身の相手の女性を本当に愛してあげられない人は簡単に付き合わないと決めておくべきだと思う。なおかつ異性を愛することは単純ではなく、人生の中で就職と同じに重要であり、自分の半生を形成する基礎であると思わなければならない。結婚するしないに関わらず、事件になってしまう男性はそれなりに女性を理解していたと見えるだけのように感じる。真面目に相手と付き合っていたとは思うが、相手を殺してしまったり憎んだりすることは、それ以前にまだ自分が未熟であると客観的に感じなければならないのではないだろうか。女性も同じだが、男女のトラブルの事件で相手を殺すのは大抵男性に多い。それは何故だろう?多分それだけ男性が熟し方が足りていないのではないか、と思ってしまう。女性も男性も一端付き合ったら、相手に責任を持つこと。それができないのであれば、単純にコーヒー飲むさえ、やめておくべき。なにしろ眼前にいる異性と対面した時は、その人を愛している親がいることを正確に感じるべき。それが基本ではないのか?自身は将来子を持たないと決めていた。かなりの慧眼の人が「あなたは子を持っても頼りにもならず、子を持たない人生になります」と言われたことが原因になっている。

2020年07月15日 07:12

20200714火曜日

大変ご無沙汰いたしました。自身のHPを放置したままどこにいたのかといえば、相変わらず家の中に、いえコロナが原因ではありません。家のパソコンすべてが病を得て臥せっていたというか、そのような感じでつい最近身体壮健な美しい若者ともいうべき新しいパソコンLENOVOがやってきました。この機種はIBMの一派の由緒ある素晴らしいパソコンとのこと。そのせいか、かなり進歩していて使いこなすには七転八倒の苦痛がついてきたのです。ようやく以前のように使えると思ったものの、LENOVOはそう簡単にわたしに従うような機種ではありませんでした。インターネットにつなぐのに、四苦八苦し、結局外部から派遣していただき、ようやくなんとか再出発できました。「もう引退か?」という心境になってしまいましたが、なんとかあと数十年はやれそうです。というわけでお休みせざるを得なかったということをお詫びいたします。最近洋裁をやっている友がマスクをつくってくれましたので、柄つきのマスクを口にはめ、外出しました。世はマスクだらけの人の波。この世は次第に変化しているのを実感しました。朝頭をかき回されてドキとして眼を覚ましました。気がつくと猫のなつきがわたしの髪に両脚を入れて朝ごはんの催促でした。わたしの人生の最後のパートナーなつきは、わたしが何かで怒ったら行方をくらませ、心配になって探しまわるとひょっこり顔を出すという知性のある猫なのです。彼女に頬を寄せ、死ぬときは一緒だよ、と囁くと両目の奥にやや恐怖の色が見えました。猫である自分が人間に心中しようと言われた、と思ったらしいです。猫でも危険を感じる才能があるらしいです。
2020年07月14日 07:34

20200621日曜日

このところコロナ騒動で世間は絶えずこの話題を出しては関心を引き寄せている。しかしもうコロナで不安になる気もない。何かあったら、その時対処すればよい、と高を括っている。しかし自身が一応身体壮健であるために、どっしりと動かない態勢。そういえば(前にも書いたことがあるが)昔病を宣告され、薬を出され「これを一生飲み続けなければ死にます」という宣告を受けた際も、薬を跳ね除けクリニックにも二度と行かず、という剛毅な態度だった。あの時のことを思い出すと、自身の剛毅な性格を感謝している。大体他人から「死を宣告され」「死にますよ」と脅されるという不名誉は自身の歴史の中で滅多にない出来事だった。今でもあの医師に背を向けたことを正しい判断だったと思う。誰に似たのか、その際誰にも相談しないで自分の道を決めたのだ。今思うとかなり性格が揺るぎないらしい。自分は相当性格が強いと思う。年取った今はどうか?と自問すると、おそらく同じような反応をすると思う。一体誰に似たのか?家族の中にそういう剛毅なところのある人がいたのか?おそらく父に似たように思うが、剛毅な性格は母も同様に思える。そういう気丈なところがあるのを自分でも「このまま行くぜ!」と言い聞かせている。何があっても自分の心身の奥に答えを探す、それが生きる道だ。迷ったら自分に問いかけることをお勧めする。バセード氏病との医師の宣告に逆らった結果どうなったか?自分でプールで泳いだりして、治してしまった。階段上る時に心臓ドキドキしていたけど、それもなくなっていた。わたしは病にも医師にも勝った、と思っている。多分その決断がより剛毅な性格を更に強くしたと今では思う。
2020年06月21日 08:29

20200618木曜日

最近滅多に映画に行かなくなった。新聞や週刊誌でお勧めの作品などが載っていると、メモをして観るようにしているが以前ほど映画館に行かなくなった。以前は中国映画や台湾映画に凝っていて、新しい作品の知らせがある度に観にでかけた。思い出すのは「初恋が来た道」この映画で有名になった女優がいるが、名前を忘れた。これは母親が父親に出逢って主人公が産まれるまでの話だったと思うが、清々しい胸がキュンとなるような映画だった。映画はやはり若者の愛や恋のストーリーがヒットするようで、この映画が出た頃は、話題になっていた。当時は何故か中国映画に凝っていて、選んで観にでかけた。台湾の映画で思い出すのは日本が台湾を統治していた時代の映画で題名を忘れたが、内容の一部を思い出す。中国の女の人が日本の着物に刀をのせてそれを引き渡す場面があった。娘が刀を確か着物の上にのせてそれを両手で大事そうに抱いてもっている場面を見て、非常に綺麗で衝撃的なシーンで今でもはっきりと思い出す。「覇王別姫」という作品もあり、美しい場面を思い出す。どうして古き時代の中国映画ばかりに集中していたのか、不思議だが当時は凝っていたと思い出す。今度ビデオを借りて見直してみたいと思う。
2020年06月18日 07:42

2020616火曜日

今朝猫のナツキが何か寝ぼけたのかそれともよほどわたしの扱いが悪かったのか、前足でわたしの額をガツンと引っ掻いた。多分わたしが朝食をあげるのを忘れていたためらしい。慌てて支度して皿にのせ、出したら夢中で食べていた。しかしながら彼女は彼女の暮らしのスタイルがあり、その都度びっくりさせられる。数日前には真夜中の二時頃わたしの頭をガリガリと引っ掻いたのでびっくりしたら、今から食事を出せという。彼女は身体障害猫で出逢った時も鳴かなかった。そのため何かしてほしい時は、引っ掻いたり、頭を小突いたり、またガブリと噛んだりする。彼女が猫語も人語も話さないのでその都度察してあげなければならない。だから小突かれても、殴られても我慢している。しかし彼女の可愛さには、ほとんどまるで超一流のボクサーみたいに打撃が凄いのだ。さっきもそばで「早く食事を出せ」と小突かれていた。食事を与えてようやく今毛づくろいをしている。彼女には「お前長生きするんだよ」といつも言っているが判っているのかじっと眼をみている。彼女はわたしの守り神みたいだ。時には母親のような落ち着きと頼りがいがある。滅多にお目にかかれない賢い猫。わたしは飼い主ではなく、彼女に飼われている生き物です。
2020年06月16日 12:15