高杜 一榮の世界

WELCOME TO TAKAMORI COLLECTION

092bs11s

高杜 一榮の世界 ≫ 高杜一榮のモノローグ ≫

モノローグ

20190610月曜日

父の日の時期になると思い出すのは数十年前の父の日のことだった。珍しく父から電話があり、会いたいと言うので六本木のアマンドで会った。当時父母は離婚すると言って、離婚届の用紙をそれぞれ署名し、その後別居していた。兄が離婚届がどうなったか尋ねると、母は父に渡したと述べ、父は母に渡したと述べた。そして双方、夫婦の籍はそのまま生涯を閉じることになった。自身が十五歳の頃で、父から電話があったのは十年以上も経過してからだった。父母の離婚にはあまり賛意を示していなかった。とはいえ、父のことはそれほど好きな親ではなかったので、電話にはびっくりした。「会いたい」というので何故か父を不憫に思ったのかもしれない。アマンドで待つと父はガラス戸の向こうでわたしを見つけると満面の笑顔になった。父が父の日に電話をしてくるというのは、在り得ないことなので、会うことにした。大体不仲の親子が会うとなればそれが父の日であれば、ありえることなのだが、アマンドのガラスのドアの向こうに、あの無愛想な父が笑顔になっていたことが、この上なく仰天するほど珍事だった。よほどわたしに会いたかったのか、それとも何か特別な理由があるのか。なにしろ父は三人の息子を育てていたから相当経済的に大変だった筈だ。彼は挿絵画家としてかなり有名だったが、この種の世界にはかなり景気が左右した。父は仕事を取るために出版社を回って挿絵の仕事を探していたと兄から聞いた。わたしは「父の日なので何か買いたかったけど何を選んだか全く判らなかったので」と金の入った封筒をテーブルに置いた。父は絵顔でそれを受け取り、封筒を胸のポケットに滑り込ませた。わたしの顔をじっと眺めている父は何も大した話もしなかったので、自然に母のことを打ち明けた。母と喧嘩したことを話すと「おかあさんのことをそんなにいうものじゃないよ」と述べ母の肩を持った。同調してくれると思ったが離婚した母の味方につくとは思わなかったので内心びっくりした。父が亡くなったのはそれから十年後だったが、お葬式が終わって家に帰り、一人座っていると、涙がこぼれ、泣くことの少なかったわたしがその日から一週間毎日泣いていた。夫は海外出張だったので、誰も父の葬儀の後泣いたわたしを知る人はいなかった。あの時袋に入れた一万円札を二枚にすればよかったと今では思っている。
 
2019年06月10日 14:40

20190303日曜日

 平成から新しい年号に変るのだが、その際の年号に関する自身からの助言を披露したい。名前は非常に大切である。明治は明が8画、治が9画、総合して17画。この画数は人間でいえば、人間関係で苦労する数字。そして昭和も同様、17画である。昭が9画和が8画である。明治も昭和もいろいろと苦労のあった時代だ。そして平成。平が5画、成が6画で11画。これは姓名判断では最高の画数。自身が新しい年号として勧めたいのは「光生」という年号だ。光が6画。生は5画で11画。これであれば日本国民が安らかに無事に日本国民として暮らせるという画数になるか、と思う。光が生まれるという年号をお勧めする。(姓名判断の参考文献としてナツメ社の運勢を開く「姓名判断」(文屋圭雲著)を参考にしました。)
2019年03月03日 13:34

20190225月曜日

天皇陛下ご在位30年式典の際の陛下のお言葉の一部を畏れながら引用させていただく。「これまでの私の全ての仕事は、国の組織の同意と支持のもと、初めて行い得たものであり、私がこれまで果たすべき努めを果たしてこられたのは、その統合の象徴であることに、誇りと喜びを持つことのできるこの国の人々の存在と、過去から今に至る長い年月に、日本人がつくり上げてきた、この国の持つ民度のお陰でした」との陛下のお言葉に深い思いを感じました。その民度は陛下がご在位なさっていたお陰で生まれ得た民度であることを国民一同理解しておると思います。皇室のある日本国は他国とは民度が大幅に異なることを多くの若き国民に理解されるべきです。
 
2019年02月25日 16:31

20190218月曜日

最近コンビニやレストランの従業員たちの「悪ふざけ動画」が頻繁にテレビで流されている。自己顕示欲、目立ちたいため必死に画像をデッチあげたらしく、どれもインパクトも魅力もない。「ただ悪さをして目立ちたかっただけ」の画像をアップしただけのようだ。才能がなく、特徴もアイデアも貧しく「ただちょっと目立って騒がれたいだけ」だが、それで満足しているらしい。レストランの従業員らしい男が調理器具を身体の一部に当てたり、ほとんど酔狂な動画だが、それが店の信用に傷をつけることになるのを推測出来なかったらしい。世間を騒がせることになるとは、思っていなかったようだ。若者たちが何か自己主張したり、目立とうとしたりするのは、時間を持て余し、何かでとにかく目立ちたかっただけ。この事件で企業側は犯罪として扱い、警察沙汰になる道筋が成り立ったようだ。従業員は解雇だが、いったん事件を起こし、迷惑を八方ばらまいて自分だけ助かると思っていたのだろうか?その上解雇された後に待ち受ける世間の白い目や非難を想像できなかったのか?アルバイトだから許されるわけではなく、企業側はきちんとした手続きを取っているようであるから良いが、無知で能力のない者の犯した愚かな行為はこれからも出て来る筈だ。再教育と言う提案もあるが、大体その種の犯罪を犯す者は元々無知で、知識が欠如しているためにどの程度教育しても無駄かも知れない。罰が下るかさえ、想像できていなかったのだろう。今回の事件がテレビで報道されたので、愚かな者の出番は減少するだろうか。何故そういう類の事件が後を絶たないのか?一番良い薬は、愚かなことを動画として流しても拡散させず、テレビ側も無視することではないのか?ともあれマスコミは若者たちに対する教育も任されていることを熟知するべきではないか?また犯罪としてきちんと罰を与えるのも教育だ。しかし酒を呑んで余興に卑猥な場面を展開する大人たちを見慣れていた若者たちは、こんなのは誰でもやっている、と思った可能性もある。中年の呑んだくれた大人たちのだらしがない姿を見慣れていた若者たちは、自分たちが一体何の罪を犯したのか?と首を傾げているかもしれない。大人と若者の間に誤解があるのかも知れない。調理器具をどう使おうか自由だが、暇でおかしな行動をする若者をもっと更生させなければならない。日本人の質が悪くなってきたと思うようになったら、富士山が鳴く。鳴くよりも号泣するだろう。富士山が号泣しないように皆真面目に生きよう!

2019年02月18日 10:41

20190213 水曜日

どういうわけか、大きな運気を持っている人はその運気と同じ程度の災厄に見舞われるようだ。例としては坂本九氏、世界に認められたその歌「上を向いて歩こう」のために空の便を使用したのかどうか知らないが、彼とマネージャーの乗った便は墜落し、全員が帰らぬ人となった。あれほどの運気を持った人が、急転直下不幸な人になってしまった。気の毒ともいえるが、何か運気には誰にも理解できない厳正なルールでもあるのだろうか?そういえば最初にパリに向かう空の便に搭乗した際に、恐ろしいほど機体が上下した。その上副機長かまたはその便の中の男性の乗務員であったのか、通りかかった際に真っ青な顔をしていた。そしてわたしはその顔を見て「この便は落ちるのかも」と戦いた。成田からソウルまで揺れに揺れた。ソウルでパリ行きの便に乗り換えた。ソウルまで揺れに揺れたので、機内で遺書を書いていた。「自分が死んだら苦しまないで死んだと思ってください」など妙な遺書をしたためた。無事空港に着いた時はナント無駄な心配をしたものだ、と自分に呆れていた。あれから三十年も経過している。飛行機に乗らなくなっているが、また出かけたい。特に行きたいのは有名な画家のゴーギャンが住んでいたタヒチに行きたい。タヒチのHPを観たら、ゴーギャンがタヒチに行って絵を描いてから、次第に認められ、パリに帰って又認められ、紆余曲折を経て、またタヒチに戻ったとかいろいろと載っていた。ゴーギャンの住んだところや遺された絵画を見たい、と思う。その上、タヒチで絵を描いて個展を現地で開くという叶わぬ夢を描き始めた。夢は金が掛からないし、誰にも迷惑はかけないと思うが・・・。

 

2019年02月13日 20:58

20190212火曜日

最近自身の幼い子を虐待する親が増えているらしい。昭和初期から中期の日本人たちはまだ核家族を形成していない人がいるだろう。だが、最近では核家族が増えているから、家庭の問題を自分たちで解決できず、悶々としているうちに家庭内で暴力を揮うという具合に追い詰められ、醜態(児童を虐待するという不具合になる)を晒してしまうようだ。核家族の末路が児童虐待であれば、日本の未来は暗い。核家族を大家族にする方法はある筈だ。日本を核家族増加のまま放置してはいけない。なるべくなら政府が子供を持つことを手助けする体制を築くことが先決ではないか。暴力は一方の力が強いからで、その点をうまく調整すればこの家庭内暴力の問題は解決するかも知れない。あまり存在しない方法としては、家庭内暴力を揮う夫がいる家庭に家庭復活調整師を派遣する。「家庭復活調整師」は問題の家庭に行き、暴力の存在を確認すると、その妻と一対一で対面し、男女同権であり、妻が夫に逆らって暴力を揮って解決に導くと言う裏技を提供する。暴力を揮う夫を組み伏せ、逆に相手を力不足で敗北感を与えると言う場面展開に導く。これであれば暴力で虐げられる妻は出て来ない。力で押し返すことが可能であれば家庭内暴力は起こらない筈だ。長い間の夫婦生活で夫の暴力に反撃を出来るようになれば、手出しする男はなくなる筈だ。妻は虐げられてばかりではいけない。夫の暴力を正義をもって押させつけなければならない。如何だろうか?まずはママさんレスラーにご教示をお願いいたしましょう。ジャガーさんお願いいたします。

2019年02月12日 03:45

20190126土曜日

テレビで国際ロマンス詐欺という事件が起こっているのを知った。つまりロマンスを結婚と置き換えると理解出来るだろう。いわゆる結婚詐欺である。結婚を夢見ている女性に親しくなってから、結婚したいという素振りを見せ「仕事で金が必要になった」「母が病気になった」などの理由をつけ「金がないので、少し都合してくれないか」と言う風に持ちかけるものだ。しかし何故そこで相手の裏に存在する筈の陰の理由を嗅ぎわけができなかったのかという疑問が起きる。自身は大使館や貿易会社に勤務したことがあり、外国人とも交流があった。その際結婚をしていたので、更なる結婚の誘惑や接近する人もいなかった。その上結婚に対してさほど夢を抱いていなかったのも、難を逃れた理由かもしれない。もし自分がもっと若かったとしたら、相手にある陰の部分、言葉の真意を嗅ぎわけることができたと思う。本来かなり用心深い傾向にある。被害に遭う女性は必ずその感性を磨いていないと窺える。また結婚によらず、「この人の本性は何か?」というフィルターなしで生きている(付き合っている)と判断できる。結婚によらず、若い女性もある程度熟した女性も被害に遭い、殺されるという事態になる女性はその感性が育っていない、と思える。被害に遭わない方法はまず生きている限り、感性を磨き自身に何か起こるかどうか、常に感性を鋭く磨く必要があるだろう。接近してくる異性を正確に、その裏にある本性を厳しく嗅ぎ分け、本能的に危険を察知することができないうちは異性に接近することを、控えるべき。もし生まれてそのまんま生きている女性がいるとすれば猛獣の這い回る野原に自分が立っていることを、常に意識すべき。危険を感じたら身を隠すぐらいの注意と感性を磨くべきであり、何も用心せず、生まれぱなしで生きているのであれば、異性に「隙あり」「わたしはいつでもあなたの言うとおりにします」と看板出して歩いているのとほぼ同じといえる。犯罪は他人が作るのではなくあなたも手伝っていることもきちんと理解しましょう。

2019年01月26日 07:53

20190124木曜日

最近聞いた言葉で気になった言葉がある。それは「無駄に綺麗」と言う言葉。これは何を意味するのか判らないが、耳に入ってきて異物のように残っている。綺麗なものに無駄があるだろうか?誰が言った言葉か不明だが、美しいものに対する嫉妬と意味不明の不快感を表わすように感じた。誰が「あなた綺麗だけど無駄に綺麗ね」って言われて、喜ぶのか?不快感を求めての言葉であれば、それは目的を達していない。インパクトを求めてそう言ったのであれば目的は達している。しかし言葉を吐く自由があるが、その自由さに胡坐をかいた言葉としかいえない。「無駄に仕事をしている」「無駄に慈善を行っている」「無駄に親切にしている」「無駄に生きている」これらの「無駄に」は何故かひねくれ者の発言に通じる毒がある。人間「無駄に生まれて」「無駄に成長して」「無駄に学んで」「無駄に就職して」「無駄に働いて」生きる運命にあると覚悟を決める必要があるだろう。誰でも無駄の隣に生きているのだから。あなたは無駄な地球にたまたま無駄に生まれた塵です。無駄をたくさん楽しんで下さい。無駄に生きるも有意義に生きるのも自由。そしてどういう風に自分を傷つけても自由。しかし生意気ではありますが、自身の無駄な部分を少しでも有益にする生き方をすることをお勧めします。

 

2019年01月24日 08:49

20190122火曜日

人生で始めて捻挫を経験した。自室でふと奇妙な動きをしていたようだ。ギクと音はしなかったが、突然経験したことのない痛みを感じ、左足の付け根がおかしい。まともに歩けない。二階に住んでいるので階段を降りる時にぎこちない。上がる時にも痛い。右足を出し、一歩進み、また右足を出し、一歩進むという具合。両足を交互に動かす歩き方が出来なくなった。そのようなわけで口内炎を患っていた時と同じような独特のグレーと黒の斑の檻の中に閉じ込められている。ある意味小さな不幸を頂戴しているようなもので、神に一応感謝しなければならない。そういえば最近運動不足らしい。不思議なことに日曜日になると、NHkでは短歌と俳句の番組の間に体操の番組がある。短歌は作らないが、ただ観るだけ。俳句も観るだけ。そのうち、一句捻るつもり。その番組を両方観るため「日曜のみ」よんどころなく、体操をすることになっている。その体操がないと運動らしいことはほとんどしていない。そういえば昔某ジムに通っていた時期があった。その施設にはプールもあり、かなり運動ができる環境だった。だがそこはジムに入会して会費を払っていなければ体操もできない。あの当時はなかなか優雅な暮らしをしていたものだ、と今思う。稼ぎの良い配偶者に恵まれ、豊かな生活をしていたのを感じる。当時はマンションを三箇所も持っていた。ある意味経済的観念の大幅に外れた暮らしをしていたのかもしれない。今思うと二度と味わえないほど贅沢をしていた、と思う。毛皮のコートを三着も買った。当時六本木でワインを頼み三人で六万払うような夜もあった。しかしその後マンションをすべて手放し、紆余曲折もあり、現在独身で猫一匹との暮らし。毛皮のコートは今はない。そういうものに興味がなくなったのだ。しかしあのような暮らしはもう味わえないが、そういう暮らしを味わいたいとは全く思わなくなった。グルメと言う言葉があるが、自身はグルメではない。その上グルメに狂う人びとを「もっと別なことに関心を抱いたらいかが?」と思う。美味しい料理を造るのは好きだが、あの店が美味しいとみれば必死になって食べに行くグルメ狂いの人が多いし店の前に列を造って並ぶ。短気のわたしは並ぶのが嫌い。テレビではグルメ番組が多い。それは悪くはない。だが人生にはグルメで人生を狂うとロクなことにならない。グルメもアル中も同類項とはいわないがそう思える時もある。酒に狂うのも食に凝るのも同じ程度に人生が狂うと思える。グルメもほどほど。アルコールも程々が良い。

2019年01月22日 09:53

20190116水曜日

昨年から日産のゴーン氏の事件の報道が喧しいが、そもそもゴーン氏を選んだのは日産のトップであり、彼の犯罪に気がつかなかったのは経営陣のミスであり、彼一人を責めても仕方ないのではないか?その上誰も彼が日産を揺るがすほど大きな事件を引き起こす人物と見抜ける感性の鋭い人が経営陣にいなかったということが原因であり、一切合切をすべてゴーン氏のせいにするというのはおかしいのではないか?彼がそのような事件を起こす人物と判断したり、感性によって「何か不思議なものを感ずる」と感じていた人物がいないわけがない筈だ。なにしろ日本とフランスの外交にもヒビが入りそうな事態になっている。どう決着をつけるか、会社側の自由ではあるが、彼らの体制自体に不備があったとしかいえない。何故外国からトップを招聘しなければならなかったのか?それほど人材不足であったのかなど、いろいろと問題がある。出来てしまってから判断しても遅いが、こうならないようハンドルを切れる人がいたのを潰してしまったのではないか、と疑惑が起こる。極めて単純な表現で悪いが「大男総身に智恵が回りかね」と言うが、まさに大きな会社ほど恐ろしいほどの危機を招き兼ねない。どうか、もっと人材を育成する方策をもう一度見直してはいかがか?結構身近に適材な人物がいて、それを見抜けていなかったのでは?ゴーン氏のことも見抜けなかったので、それは判るが今後国際問題に及ばない程度の人物を据えてみるのはいかがか?

 

 

 

2019年01月16日 18:46