高杜 一榮の世界

WELCOME TO TAKAMORI COLLECTION

077bs11s.jpg

高杜 一榮の世界 ≫ 高杜一榮のモノローグ ≫

モノローグ

20200207金曜日

自分の家は木造モルタル二階建ての古いアパートで、現在までに二回ほど改装している。考えてみたら、この建物はわたしが十六歳からずっとわたしをみつめてくれた唯一の証人ともいえる。わたしは六歳から十五歳まで六本木で育った。六歳の頃は百坪の土地の半分ほどある庭で山羊を飼っていたこともある。母は成長盛りの息子たちを立派な体格にしたかったらしく、山羊乳を飲ませた。当時山羊に縄を付け、山羊に草を食べさせるため、ひっぱって草を探して歩いたのは兄たちだった。その頃六本木は今ほど建物が建っておらず、母は六本木の十字路のそばの土地が売りに出ていたので「買おうか」と思ったらしい。だが売買条件があり、そこにコンクリ―トの建物を建てること、という条件だった。「鉄筋コンクリートなどは高そうだから無理」と諦めてしまったという。その後余っていた金で現在の横浜市の某所に土地を買った。その土地は今でも昔のまま、細い道を歩くとまるで軽井沢のような爽やかな土地ではあるが、値打ちはないに等しい。だがそばに警察の射撃場や温泉旅館らしき建物、最近は大学までできている。土地の「成長の仕方」は持ち主の好みによるが、この横浜の土地は母が別荘にしたかったために買ったのだが、今ではただのジャングルになっている。不思議と人間はどんな土地でも持っていると、自身は「土地持ち」という意識で満たされるらしい。母はそのために横浜という名がつく場所を買ったといえる。知人は「土地は誰でももらってうれしいものではない」と述べていた。それは全くいえてる。
2020年02月07日 20:27

20200203月曜日

わたしの地域はある一定の年齢になると銭湯の料金が100円になる。この恩恵にかなり助かっている。たとえば普通料金は420円ぐらいになるが、それがたった100円であれば、かなりの金額が得になる。10年間で換算すると結構優雅な旅行にでかけられるほどになる。だからそのカード「おたっしゃカード」という名前だが、極めて大切に使っている。ところが上限があるらしく最近もう100円で入れないと判り何だかわびしい気分がしている。四月まで100円で銭湯に入れない。四月になるまで待たねばならない。というわけで今日の午後12時過ぎにうちのシャワーを浴びた。お風呂はないが、シャワーはあるので、それで我慢した。そこで考えた。そのうち稼いでシャワーだけの暮らしをお風呂に改造してみたい、と欲が出た。しかしそこでチラリと脳裏に浮かんだ景色がある。銭湯のお風呂とうちに設置するお風呂とかなりの差がある。銭湯のお風呂は大浴場なのでザワザワガヤガヤと声がするし、水の音も一人のシャワー以上に盛大に聞える。つまりいくら金があってお風呂を家の中にこさえても、銭湯のあの雰囲気と盛大な湯煙を比べれば、かなりの落差がある。銭湯の音声や水やお湯の音、家の中のお風呂で一人で入っている雰囲気は較べてもしょうがないほどの大きな差がある。つまり大勢の裸の人に囲まれている銭湯の空気とざわめきは、どんなお風呂であっても、代えがたい要素があって、肉体の疲労を拭う要素はやはり銭湯のざわめきにありそうだ。どんなに豪華なお風呂でも較べようもない重大な要素がありそうだ。わたしは今までそれを感じていなかった。一人で家のシャワーを浴びてようやく判った。銭湯のざわめきは、何にも代えがたい究極の癒しが含んでいることをようやく今判った。人生何年経過していても、初めて判る重要なこともあるらしい。
2020年02月03日 16:03

20200202日曜日

最近理由もなく殺人を犯してしまう事件が多い。その中には一度殺人を犯してみたかった、という言葉を述べていた人もいた。それで思い出した。実は十九歳頃に親類になかなかハンサムな男性がいた。大体同じ年位だったと思う。彼は地方のかなり有名な大会社に就職し、その後南米のある地方の営業関係の部署で働くことになるのだが、どういうわけかつかず離れず交際が続いた。某県の某地で働くようになった際に「遊びにおいで」と言われ東京からでかけていったことがあった。母はその男性のことを遠縁の知り合いの人物と知っていたのでわたしの旅を許してくれた。今思うとかなり母の方針が良く判らないのだが、おそらくわたしがその男性と親しくなりすぎることはまずない、と踏んでいたのだと思う。わたしはその人が自動車製造販売の関連企業に就職したことしか知らなかったし、また「遊びにおいで」が何を意味しているのかも明確ではなかった。わたしがその地の親類の家から、待ち合わせの場所まで出かけて待っていると車で迎えに来て、そのまま車を走らせ午後から夕方まで車の中で話した。しかしそのまま車の中で話すだけで何事も起らず、時計を見ると真夜中になっていた。ところがどこにも行くわけではなく、そのまま明け方まで話してしまった。何を話したのか忘れたがすべて車の中で会話して数十時間が経過した。われわれはその会話だけで手を握るわけでもなく抱き合うわけでもなく、淡々と時間が過ぎた。つまり友達以上でも、以下でもない関係で時間が流れた。結局そのまま東京に帰った。それからお互いがそれぞれの相手と結婚した後まで友人関係が続いた。それだけであった。そして十年以上経過してから彼の妻から彼が亡くなったことを意味する葉書をもらった。今思うと、あの手を握らなかった夜の意味が何だったのか?何となく判ってきた。彼は一歩踏み込む勇気もなくわたしにもその勇気もなかっただけ。どちらかが踏み出せば何とかなった関係だが、それ以上何も起こらなかった。しかし後で彼がわたしの書いたものを読み、何か意味あることを述べていたのを記憶している。それが何であったのか不明だが、お互い愛し合う勇気も度胸もなく、お互いの成長を確認しないで時間が過ぎただけだったと思える。最初に殺人を犯してみたい人がいると冒頭で書いたが、彼が言っていた言葉がある。「殺人と銀行強盗を一度してみたかった」と。あの言葉に何があったのか、今もって何も判らない。
2020年02月02日 09:12

20200130水曜日

このところ多忙だったが、ある事情で暮らしのリズムを変えた。ところでなつきが家でニャーニャー鳴かないのだが、当たり前。彼女は生まれつき聾唖に生まれた猫だった。最初は気付かなかったが、友人は「彼女は鳴かないよ」と教えてくれた。わたしが抱き上げて頬を寄せると、口を開け空気だけを出し、返答する。彼女はわたしに相槌を打っているのだ、と開いた口からのため息のような空気で感じることになっている。その口から漂う空気で彼女の返事を知る。最近では慣れてしまった。普通の人間の親だったら不憫で涙を流していたはずだった。だが彼女が猫なので、それほどの悲哀を感じない。しかし一応二年間位の小さな絆をもっている彼女とわたしは一方的な会話をして、満足している。たとえばわたしが抱き上げて「お互い年取ったら、一緒に生きてゆくのだから、頑張ろうね」と抱きしめると、彼女は嬉しそうにわたしの愛撫に応えてくれる。彼女の本当の言葉を聞けないが、それは贅沢、というものでこれからも一方的会話だけで通じ合う。仕事で遅くなり、帰ると彼女は飛ぶように走ってきてわたしの胸に飛び込んでくる。朝出かける時も、食事(エサとは言わない)をしているときに、顔をあげわたしが出かけるのを感じていてもそのまま食べ続けている。どんなことがあってもわたしのところに帰ってくるのだが、雨が降ったりすると、家から出さないようにしている。そうでないとずぶ濡れになり、風邪をひかせてしまう。最近は慣れてきたのだが、雨になると抱き上げて窓を開け「ほら雨降っているから今日は外にいけないよ」と言う。すると数分経ってからまた同じようにドアの前に座って「外に行きたい」と意志を表す。大体三回ほど抱き上げて窓を開けて外の雨を見せるとようやく理解して部屋の隅で爪とぎ、身づくろいをしている。そんな彼女が愛らしい。猫でさえこんなに愛しいのだから、人間だったらどうなるだろう?と首を傾げる。しかしわたしは子を作らないで良かったと思うことが多い。その理由をまた今度機会があった時に書く。
2020年01月30日 16:05

20200127月曜日

寒いのは苦手だが、暑いのはどの位暑くても大丈夫。その上この日本の猛暑でもエアコンなしで暮らしている。それは十代の頃某大企業で働いたことが基因している。あの当時エアコンの聞いたオフィスで仕事をしていたのだが、毎日冷房の室内で仕事しているうちに冷房病になってしまい、一週間ほど休んだ。冷房で体調が狂ったが、どういう症状だったか、記憶にない。おそらく普通の仕事ができないほど衰弱してしまったのだろう。治ってからまた出社した。その時の影響で冷房を嫌うようになり、どんなに暑くても絶対冷房を使わない。そのため冷房が苦手。どのように猛暑を過ごすかと言えば非常に簡単。タオルを数枚水で濡らし、そのタオルをビニール袋に一枚一枚入れて、冷蔵庫に積んでおく。暑くなるとその冷たいタオルを首に巻き、仕事をする。タオルが温くなってきたら、水で洗ってまた袋に入れて冷蔵庫にとっておく。そんな暮らしで過ごしていて冷房代はゼロ。変人といわれようが奇人と言われようとそのスタイルを変えない。そのため猛暑には全くめげたことはない。多分こういう冷房対策をしているのはわたしぐらいだと思う。おそらく死ぬまでこのスタイル。だからうちに遊びにきても残念ながら冷房なし。本人が猛暑に慣れ、自分の冷房スタイルを好んでいる以上変わらない暮らし。わたしって異常でしょうか?しかし地球温暖化の時代なのでわたしの暮らしはおそらく理想的ではないかと思う。
2020年01月27日 07:12

20200125土曜日

以前から思っていたのだが、地球の温暖化で皆おそらく「自分の生きている時代にはそれほどの変化が来ない」「なるようになるさ」など諦観と緊迫感の欠如などの反応だけで対策を持とうという気配はない。しかし最近思うのは一度地球をリセットする意味で、世界の進歩や改革などを一時停止し、文化やすべての進歩を止めてしまい、点検してみた方が良いのではないか、と思う。人間も機械も一度止めて状態を判断するのが普通だ。だが大自然の一部である馬鹿でかい地球は扱いにくいためにまだ着手していない。そのため誰も地球の動きを止めるほど大規模な点検を考えない。それはゆくゆく地球の滅亡を想定していないスタンスかもしれない。だが地球の総点検を実行しなければ今後地球のたどり着く「未来」がどうなるか把握のできない。それで地球の総点検の意味で世界の暮らしと文化程度を1800年代に戻して一度リセットしてみてはどうかと思う。そのような動きで何か大切なものが見えてくるはずだと思う。地球の総点検、全体の総停止でおそらく新しい地球の時代が見えてくるのではないか?そう思う。自身は一度江戸時代に戻って暮らしてみたらどうか、とかねがね思っていたので、実行してみたいと思う。電気もガスも飛行機も車もない時代に戻ってみれば、おそらく空気も清らかになり、戦争も自然になくなるという変化があるかもしれない。
2020年01月25日 09:18

20200118土曜日

今日雪の日。それを猫は知らない。そのためわたしが溺愛するナツキちゃん(メス)はいつものように食事(エサを食べたなどと彼女の心を傷つける言葉は使わない)をしたら、その後必ず外にでてゆく。決まって朝食後、昼食後、夕食後は外出するのを日課にしている。それを止める理由はない。しかし今日は雪が辺り一面降っている。こういう時は人間だとて、そう外には出ない。だがナツキは全く理解しない。それで抱き上げてその柔らかい身体を胸のあたりまで持ち上げ、窓を開け、外を見せてあげる。「ほらね。こんなに雪が降っているのだよ。だからナツキちゃんは出られないの」「出たら風邪を引いてしまうから危険なの」と解説する。だが人間の子供であれば、少しは理解してくれるのだが、彼女はまだ若い猫なので、わたしの言葉を理解しない。どうしても外に出ていきたいという風にわたしを振り返る。その都度同じことを繰り返した。窓の外に、または玄関の外に抱きあげて、連れて行き、解説する。するとようやく理解したのか、寝床の上に横になり、全身のお手入れをはじめた。毛づくろいを始めたので、ようやく安堵してこれを書いている。この子を飼い始めてから一年ちょっと経過しているのだが、自身は時々彼女に話しかける。「なっちゃんは猫、わたしは人間」「でも一緒に暮らしているので、もしかしたら来世はなっちゃんが人間で、わたしが猫ってこともあるのかもしれないのよ」と話しかける。しかしその会話も空しく消えて行く。来世でなっちゃんに出会えたらそれは奇跡ともいえるだろう。彼女と全く噛み合わない一方的な会話をして、最後は彼女が諦めたかのように寝そべっているのを眺める。彼女はすでにわたしが何を話し、何を考えているのかもしかしたら知っているのではないだろうか?雪の日の奇跡的童話がまるで小さなマッチの火のように生まれていた。なっちゃんには日頃精神的に助けられているが、彼女が実際わたしの言葉を理解しているような気になるのだけは、まだ解明できていない。ところで話は別だが、テレビで芸能人の歯が異常に白くなっているのを時々みかけるが、それほど気にはならないが、何だか「やり過ぎ」に思う。話は変わるがテレビで巨大なブリがたくさんならべられてセリにかけられているのを見ると、人間の権力の凄さを感じる。ブリに同情している自分がいる。ブリは食べることがあるが、あれを見るとブリを食べたくなくなった。可哀想で仕方ない。アウシュビッツの人間迫害の光景をみるのと同じようなショックがあった。わたしだけの感性なのだが、ブリを並べている人間の醜さを見た、という感じ。わたしの感想はおそらくノイローゼとして把握されるだろう。
2020年01月18日 13:23

20200117金曜日

最近ある場所でエレベーターに乗ったら、出口に近い場所に立っていた男性の視線を感じた。怒りの顔だった。何故怒っているのか分かった。自身がエレベーターの階数のボタンに手を伸ばして押そうとしたことが原因だったらしい、つまりエレベーターの操作をするボックス(階の数字を押す面)を触ろうとしたことが原因だった。どういうわけか、その機械の前に立つと自分で操作することに余計な神経が働くようだ。例えば運転をしていて、そばでそうじゃないよこうだよ、とハンドルに手を伸ばすのに似ている。自分が操作しているのに他から手が出て自分が邪魔だと言われると誰でも怒るかもしれない。男性と女性と比べるとおそらく男性側がこの種の主導権を持ちたがるかもしれない。主導権は結構人間世界では重要な計測機能があるようだ。女性は主導権とは無縁であったが、戦後それが急速に女性側に増加してきているらしい。そのため主導権を奪われてしまう場面が多くなると、男性はこめかみに怒りの印を浮かべる。女性は長い間主導権なしで来たので、奪われてもそれほど逆上しない。ところが日頃主導権をより多く奪ってきた男性側は女性との比較判断の瞬間に敏感に反応する。それは能力のない特別才能のない人ほど、主導権に対する感性が研ぎ澄まされている。つまりエレベーターのあの階数ボタンを操作する際に、女性がそばでしゃしゃりでると、こめかみに青筋が立つ人もいる。女性は長い間下の地位にいたので、それほど主導権に目くじらを立てない。かえって目立たない地位にいた方が楽と最初から出過ぎた行動に出ない。良く考えると令和は男女差の大いなる改革の時代になりつつあるのかもしれない。
2020年01月17日 17:28

20200113月曜日

今現在ACERというノートパソコンで書いている。このACER調べみたら中国製のパソコンだった。しかし日本は島国で国土は狭い。その反面中国は日本の数倍の国土を持つ。今不思議に思うのは、中国の方々がこぞって北海道とか沖縄とか、かなり国の中心地ではない僻地を狙って中国籍の人々が買い占めているというのだ。中国の方々が土地を買いたいのは判る。なにしろ中国は国民に土地を売買するのを禁止していると聞いている。だから日本にきて土地を買いたいと思うのは理解できる。しかし日本の土地を買って日本人になりたいのか、それとも売買して儲けたいのか?どちらもなにか良く判らない。土地は人間にとって何か宝石以上の価値があるような錯覚を起こさせるような代物なのかもしれない。日本人の土地への執着と中国人の方々の土地への関心は同じではないだろう。ところで日本では買ったは良いが何もしないで放置された土地がたくさんあるらしい。子や孫もなければ継ぐ存在のない土地は可哀想な気がする。兄も母も土地を買った。そのためわたしには土地の権利書が束になってセーフティーボックスに収まっている。この前数えたら土地だけで数か所あり、中には愛知県や岐阜県の山の中の土地の権利書があった。調べたら山林で山崩れを防ぐ保存林らしい。普通の人には全く価値のないものになるような気がする。しかし土地を活かすも腐らせる(土地は生ものや人間と違って腐らないが)のも所有者の気持ち次第。しかし今思うと土地を所有するというのは人間の安心感につながっていたようだ。母は親類の集まる席でいかにたくさんの良い土地を持っていると、自慢していた。あれなども聞いた時は黙っていたが、今思うと何故か憐れで不憫な気になった。わたしは大切なものは脳に収めるという主義で、現実に失って落胆するものを持たないと決めている。それがわたしの生涯の変わらない方針であり、それがあるので宝石や衣服などに浪費しない。だが一番の悪癖は母譲りの土地への執念かも。何故中国の人が土地を買っているのを不思議に思うのかといえば、そのうち日本政府が「これこれの理由で土地の法律を変更する」などの新法が発布されたら、大枚かはした金かは知らないが払った金も宙に浮き、結局登記の紙だけが残ったということに絶対ならないとは限らない。そういう意味で中国の人びとは日本と日本人を信用しているのかもしれないが、時代が変われば何が起こるのか判らないはずなので、用心すべきだと思う。なにしろ令和の時代には良いことも含めて特別何かが起こりそう。
2020年01月13日 09:03

20200210月曜日

このところ寒いので外出が減った。買い物は二週分位買い込んで、そのまま外出しないという日々だった。だが大体外出好きではないわけではないが、出不精の傾向があり、一日家にいることもある。だがテレビとパソコンと本だけで暮らすとなると会話がない。会話がないので一日誰とも話さなかったと嘆いていた友人もいたが、自身は誰とも話さないことで悩む性格ではない。そういえば母は「口から産まれた」と豪語するほどおしゃべりが好きだった。なにしろ六本木(わたしの幼い頃は、宮村町という名だった)にいた時は、母は道で友人に会うと「あら、お久しぶり、元気?」で始まり延々と立ち話を始める。なにしろ口から産まれたというから話には終わりがない。七歳頃その母のおしゃべりの傍で長い時間待っていたこともある。母は明るく、明朗快活なおかつ頭が記憶力が優れていたのか、長い時間しゃべっても苦痛を感じない性格だったらしい。その母が年を取って、周囲が脳の衰えを感じ始めた時、彼女は活発にしゃべっていた。その母のことを思い出すと最近、非常に危機感を覚える。現在の自分の年齢の脳の機能と、あの当時の母の脳の機能を比べると格段の差がありそうな気がする。いわゆる認知症とはかけ離れていたのではないだろうか?自身は母ほどおしゃべりが好きではなく、立ち話をする際も、内心終わって欲しいという感じに「おしゃべり」を趣味や気晴らしにできない性格である。それを考えると、どうやら認知症の傾向がありそうな気がしてきた。しかしどういうわけかその病名で医療機関を訪ねる気にはならない。一度見てもらって「大丈夫」と言われたのでそのまま認知症関連のクリニックには行かない。行ったら病状が進むような気がする。なるべくなら認知症とは別な病名で使って欲しい。たとえば「ボンサンス(仏語で良い感覚という意味)」または「グッドライフ」「グットルック」なども少し認知症候補生を励ますネーミングはないのか!
2020年02月10日 09:33