高杜 一榮の世界

WELCOME TO TAKAMORI COLLECTION

092bs11s

高杜 一榮の世界 ≫ 高杜一榮のモノローグ ≫

モノローグ

20190610月曜日

父の日になると思い出すのは数十年前の父の日のことだった。珍しく父から電話があり、会いたいと言うので六本木のアマンドで会った。当時父母は離婚すると言って、離婚届の用紙をそれぞれ署名し、その後別居していた。兄が離婚届がどうなったか尋ねると、母は父に渡したと述べ、父は母に渡したと述べた。そして双方、夫婦の戸籍はそのまま生涯を閉じることになった。自身が十五歳の頃で、父から電話があったのは十五年以上も経過してからだった。父母の離婚にはあまり賛意を示していなかった。「会いたい」というので何故か父を不憫に思ったのかもしれない。アマンドで待つと父はガラス戸の向こうでわたしを見つけると満面の笑顔になった。父が父の日に電話をしてくるというのは、在り得ない。大体不仲の親子が会うとなればそれが父の日であれば、仕方がない。アマンドのガラスのドアの向こうに、あの無愛想な父が笑顔になっていたことが、この上なく仰天するほど珍事だった。よほどわたしに会いたかったのか、それとも何か特別な理由があるのか。なにしろ父は三人の息子を育てていたから相当経済的に大変だった筈だ。彼は挿絵画家としてかなり有名だったが、その頃は仕事を取るために父は出版社を回って挿絵の仕事を探していたという。わたしは「父の日なので何か買いたかったけど何を選んだか全く判らなかったので」と金の入った封筒をテーブルに置いた。父は絵顔でそれを受け取り、封筒を胸のポケットに滑り込ませた。わたしの顔をじっと眺めている父は何も大した話もしなかったので、自然に母のことを打ち明けた。母と喧嘩したことを話すと「おかあさんのことをそんなにいうものじゃないよ」と述べ母の肩を持った。同調してくれると思ったが離婚した母の味方につくとは思わなかったので内心びっくりした。父がわたしの顔を見て笑顔だったのは、母に似た顔をしていることに気付いたのだと判った。父が亡くなったのはそれから十年後だったが、お葬式が終わって家に帰り、一人座っていると、涙がこぼれ、泣くことの少なかったわたしがその日から一週間毎日泣いていた。夫は海外出張だったので、誰も父の葬儀の後泣いたわたしを知る人はいなかった。あの時袋に入れた一万円札を二枚にすればよかったと今では思っている。
2019年06月10日 14:45

20190603月曜日

最近米国の国防長官パトリック・シャナハン

(Patrick Michael Shanahan)が、アジアにおける中国の逸脱行為(南太平洋における海域の軍事化など)を非難するコメントをアジア会議で発表した。近年隣国の主権を脅かしているとして中国に警告するとともに、アジアの安定を保つため米政府は今後5年間で新軍事技術への投資を行うと述べた。世界中から国防相や軍幹部が集まるアジア安全保障会議では、米中関係が最も注目を集める話題になるとみられている。(以上ウイキペディア参照)
正に「天網恢々、疎にして漏らさず」ということになる。誰も不正を無視し続けることは出来ない。なおかつ不正は放置せず、即刻対処すべき。
2019年06月03日 07:48

20190525土曜日

20190525
今日真夜中の二時に大いなる決断をした。最近ある病に罹っていたのだが、手術をせず放置するという結論をだした。理由は若い時から在るその患部に対してその決断をしないできた。今回も同じで手術はしない決断をした。何故なら若い時は患部の存続を放置して自然治癒に身を委ねたかったことが理由。改めて数十年経過し、また同じ患部の手術の話が起こり一度は承知したのだが熟慮の末「手術はしない」という決断を出した。理由は三つある。第一に手術にかかる費用の捻出が難しいこと。第二に病院側の体制:CTスキャンの技師が粗雑であったこと。第三に年齢的に術後の快復が理想的に行くかどうか疑問があること。以上の三つの理由で手術はしない、と決意した。このことが原因で早死となる可能性があるが、七十過ぎでは早死にではなく、死期の「適切死」となる筈。つまりこれ以上寿命に抵抗して長生きを望んでもそれは大自然の法則に反する可能性があるのではないか?ここで手術して長生きをしても、それは少しばかり贅沢ではないのか?と思えたこと。今から五十年前の若い頃「江戸時代の長屋に暮らす貧乏人のように医者にもかからず、淡々と死んでゆく」というい路線を願っていた。そのため「その線で」死んでゆく計画である。
 
2019年05月25日 15:09

20190426金曜日

最近高齢者の運転事故が多いようだ。高齢者ではなくとも不注意が原因で車の事故を起こし、死者を出すなどの事件もある。生意気ではありますが、運転について広く知っていただきたいことがあります。アクセルとブレーキの踏み間違いの原因が多いが、この間違いを右足をアクセルに、左足をブレーキに自ら習慣化させておくと踏み間違いが解消されると思っています。自身はすでに免許証を返納していますが、返納前はこの方法で事故がなく無事に過ごせることができていたといえます。多くの人に右足アクセル、左足ブレーキと習慣化させることをお勧めしたい。間違いなく事故を防げると思っている。いかがでしょうか?

 

2019年04月26日 12:54

20190416火曜日

わたしは第二次世界大戦の真っ只中に生まれたそうだ。あの当時ほとんど定期的に爆撃があったらしく、家族は庭に掘った防空壕に潜り込んだ。防空壕は近所の人たちと空襲が来た時に入って爆撃で命を落とすことのない様に掘られた洞窟のようなものだった。空襲が来ると近所の人々とそこに潜り込み、爆撃機が遠ざかるまで待つという習慣だったらしい。当時父はすでに召集され家には子供たちと母の五名だけ。その日遠くから爆撃があると知らせるサイレンが鳴った。するとタタミに寝かされていた、生まれて間もないわたしがハイハイしながらタタミの上に置かれた負ぶい紐に手を延ばし、背中にくくりつけられるのを待つ支度をしていたという。生まれて間もない(昭和十八年三月頃)わたしは畳の上に寝かされていた。生まれてそれほど時間が経過していないのに、赤子が負ぶい紐に手を延ばしたのを見た母は大変驚いたらしい。生まれたばかりでも生死を分ける危険を察していたというわけだ。さすがにわが子だ、と思ったかどうかは知らないが、そのような情景をどうしても皆に教えたかったのか、母は誰彼となくわが子の危機感の鋭さを自慢気に話していた。その後大人になってから、父の話を聞いた。兵隊として呉に召集された父は原爆の時の黒い雲を呉の空で見たと語っていた。父が原爆を語る時、何故か悲壮感で語るのではなく、まるで皆に素晴らしい情報を聞かせているごとく高揚していたのを記憶している。父に優しく接することがなかったわたしは、この様子を思い出すと優しくしてあげれば良かったと後悔の念がある。
 
2019年04月16日 12:59

20190412金曜日

先日は新元号が令和(レイワ)決まった。それで新元号「令和」を姓名判断で占っ
てみた。すると令が5画で和が8画。二つを足すと13になる。この数は姓名判断
では最高に位置する。人間で言えば人気運もあり、才気煥発運という大吉数の運。
金運にも恵まれる。様々な分野で活躍し愛されるという恵まれた運気がある。人間
では範囲が限られるかもしれないが、国家の運気としては最高に広がりのある活躍
が約束されているといえる。たまたま令和になっただけだが、その選定が姓名判断
もクリアしていたとは驚きというか偶然にしては不思議。日本国は恵まれた運気を
初めからもっていたといえる。因みに「明治」は明が8画で治も8画足して16。
この16も13同様大吉数。人間でいえば面倒見が良くて吉運が強い半面、妬まれ
る事も多い。明治は外国との交流でいろいろと苦労があったが、名前自体にそれが
出ている。そして昭和の「昭」は9画「和」は8画足して17画。17画は吉数では
あるが、明治のような運気ではない。姓名判断の中で「苦労が栄華に変えられる才
能あり、歳月を重ねるうちに基盤が築かれる」と出ている。そして平成。「平」は
5画、成は6画で足して11画になる。11は吉運ではあるが、令和に較べると小規模
の運気。不運に見舞われることもあるが、元来が強運で跳ね返せる力あり、と出て
いる。こうしてみると、一番良き運気のある元号が定まった、という印象がある。
令和が明治よりも、昭和よりも、平成よりも強運という結果が出ているので、元号
の決定に誤りもなく、しっかりと力のある元号を定めたと言っても良い。未来が楽
しみである。これを機会に姓名判断に興味を抱く人が増えて欲しいと願っている。
店名や社名を、なおかつ自身の生まれて来る子に正しい姓名判断で選ぶことが望ま
しい。
 

 
2019年04月12日 11:09

20190401月曜日

今日は朝から新元号の件でテレビの視聴率は膨れ上がった筈だ。視聴者がすべてテレビに釘付けの状態だったかも知れない。官房長官が「令和」を書いた色紙を示した。令和が明治、大正、昭和、平成と続いた後に現われた日本を新たに導く元号として示された。この「令和」を姓名判断で占ってみた。令が五画、和が八画、二つを足すと十三という数字出た。十三は人間の姓名判断上の数字では才気煥発運といい、大吉数である。学問や芸術面に秀でてさまざまな方面で活躍する人と出ている。人間には限りがあるが、国家であればそれは人間がなす作業よりももっと多角的に大きな仕事をするはず。この「令和」の選択は最高に力強い指導力を持った年号になったと思える。今日たまたまこれが選ばれたのだが、何か不思議な力がどこかで働いたような気もする。とにかく令和という年号が大きく羽ばたくのを感じる。「おめでとう令和!」

2019年04月01日 18:40

20190331日曜日

最近気になっているのが、人間の脳はAIに勝つか負けるのか?という話題。正直言えば何故か永遠の謎を追っているような趣。勝負は勝つか負けるかだが、機械類に勝ったとしてもそれは満足できるのか?相手が勝負を理解して、敵愾心を抱き勝負魂逞しく迫ってくるのであれば、勝負ともいえるが、そうではなく勝っても万歳を言わず(もちろんAIに設定しておけば良いが)微動もせず喜ばない相手に勝ったとしてもそれほど満足は得られない筈。人間の脳はAIに負けるが相手は勝ったことを喜ばず、冷静沈着どころか、勝負がなんだという風に顔色ひとつ変えない。そのような特質のある「物体」に勝負を挑むという愚鈍なことを人間が恥じるのは見えている。人間はだからAIに勝つかと疑問を抱く点がある。その点だけでAIより劣っていると言える。それとも負けたらすこぶる悔しがる設定をAIに仕込んでおく?
 
2019年03月31日 08:39

20190329金曜日

久しぶりにモノローグのエッセイを書く。これまで自分の家の屋根の修理や師匠の葬儀などで多忙。すこぶる長い間、時間がなかった。ところで師匠は作家を育てる神様という噂があった。テレビでも有名な西村京太郎氏のデビューを担当したという名物的な存在であった師匠は脳梗塞など複数の病気で入院し、他界。自身は当面ショック状態から立ち上がれないような有様。というか頭を鋭い刃物で輪切りされたような具合。これからどうするのか?今日何を食べるのか?どう生きて行くのか?全く脳が動き出さない。あたかも宇宙に脳の機能を飛ばされたかのようだ。宇宙に飛ばされた脳ミソを取り戻しにいかねばならない。救いになっているのは、わたしにはナツキという猫がいること。一緒に暮らすようになって半年ほど経つ。この猫があまりにも懐くのが速かったので、ナツキと名付けた。二日間続けて遊びに来た彼女(わたしと同じメスです)にご馳走をしてあげたら、三日目に「わたしここで暮らします」とでもいうかのように、わたしの布団の上で眠った。彼女は今ではわたしの家族です。ナツキはわたしと共に眠り、わたしと共に起きる。ただし睡眠時間は彼女のほうが長い。眠っている彼女を見るとあまりに可愛いので、むっくり起きた時に「一緒に死のうね」と囁いたことがある。その時彼女の眼は冷たかった。その後外に出て行った。危険を感じたのかも知れない。ともあれ彼女がわたしの理性を管理している。素晴らしい能力のある猫だ。
2019年03月29日 19:46

20190319火曜日

最近自分の子供を「教育」または「躾け」と称して暴力を揮う親が多くなっている。これは恐らく戦争体験などがない世代の特徴とも言え、対応として最適な方法もないようだ。自分の子供を教育する智恵も常識も知性も全く育んでいないために出て来た新しい迷える世代といえる。わたし自身は子をつくる気も全くなかったために人に説教は出来ないが、長い間生きてきたことで得た情報で推測し発言できるとすれば、まず子供を作ったことを悔いてもしょうがないので、必死になり自らできる限りの智恵と工夫で、独特で自身に適した親としての「躾」を編み出す必要があると言いたい。「子供を産まなければ良かった」と言う前に、その子供を「自分には素晴らしい父がいる」「自分には本当に良い母だった」と子供から思って貰えるべく、誰にもできない素晴らしい家庭教育をあなたの最愛の子に施して欲しい。その行いが、数十年後に思いもよらない奇跡に化けて戻って来る可能性がある。わたしは常にムスッとしていた父と常に明るい母の間に生まれ。それなりに普通に育った。たがこのある意味不完全な二人が生きていたお陰で、得られたものは眼に見えないものであったが、明らかにわたしの人生を明るく生き生きさせ、自身を今でも煌かせてくれていると思う。
 
 
2019年03月19日 08:32