高杜 一榮の世界

WELCOME TO TAKAMORI COLLECTION

高杜 一榮の世界 ≫ 隠された日仏外交史

隠された日仏外交史(抜粋)クリスチャン・ポラック

フランスの土を最初に踏んだ支倉六右衛門


日本とフランスの最初の出会いについて、日本の歴史書ないし学校の教科書では、あまり正確な史実を伝えているとは思えません。むしろ間違ったことを伝えている場合があるのは、たいへん残念なことです。
そして、日本人とフランス人の相互理解がまだ浅いのは、基本的には人間的交流の不足によるのでしょう。
日本人とフランス人の最初の出会いは、一五八五年(天正三年)すなわち羽柴秀吉が関白になった年にまでさかのぼります。
それは、九州の三人の大名の使節とフランス王アンリ三世教皇の使節が、バチカンで会見しています。
しかし、日本人が最初にフランスの土地を踏んだのは、江戸初期の一六一五年(元和元年)、将軍秀忠の時代のことになります。
伊達政宗の家来・支倉六右衛門常長が、ローマを訪問する途中でフランスに立ち寄りました。
(中略)
六右衛門の交渉の首尾はといえば、彼はローマ法王パウロ五世とイスパニア国王フェリペ三世に謁見し、政宗からの親書と贈り物を渡して交渉しましたが、この話し合いは成功せず、残念ながら収穫もないまま帰国することとなりました。 
第二の日本人とフランス人との出会いは、それから二二年後の一六三七年(寛永一四年)将軍家光の時代のことになります。
この年にフランスからやってきた牧師がまず琉球の那覇に上陸し、ついで長崎にやってきました。
ところが、日本は厳しいキリシタン禁令のさなかにあったので、たちまち捕えられて処刑されてしまったのです。
このあと、長い鎖国状態がつづいたので、東洋伝道を目的とする宣教師たちは、なかなか日本に近寄れず、約二世紀のあいだ空白の時代が流れました。
(中略)
清国のアヘン戦争(一八四○年〜四二年)が終わったあと、
世界各国の船が日本をめざしてやってくる中にあって、パリ宣教師会のフォルカード神父がフランスの貿易船に乗ってきて、二年ほど那覇に滞在しました。
彼はその後、日本における最初の法王代理となりましたが、琉球で布教の可能性がないことに失望しま病気も重なって、一八四六年、ついに日本を離れたのです。
しかし浦賀にペリーが来航したあと、パリ宣教師会は、日本とフランスおよび諸外国との関係が広まることを望んで日本と接触しようと三人の神父を琉球に派遣しました。
この三人は日本語を学び、フランス海軍や外交官が日本と条約を結ぶときには、通訳の役目をはたす任務を帯びていました。そのなかで特に活躍したメルメ・カション神父はいちはやく日本語に熟達し、ついには『仏英和辞典』の編纂にも着手しています。
(中略) 
一八五八年(安政五年)、つまり安政の大獄の前年に、日仏友好条約がようやく締結され、これによりフランスと日本との関係が、急速に深まっていくことになります。
この頃になると、列強の使節が次々と日本を訪れ、これにより外国船の偉容を見せつけられた幕府は、近代兵器において日本が諸外国に劣っていることを、いやというほど思い知らされました。そこで先進国を手本にして、なんとか軍事力を増強しようと考えたのです。
たまたまフランスのロッシ公使は、幕府に献言して、優れたフランスの陸軍方式を紹介しました。ナポレオンの偉業をよく伝え聞いていた幕府は、さっそくフランスの力を借りることにし、これを公使に依頼しました。
こうしてフランスから第一次の軍事顧問団がやってくることになるのです。   それから二年間、フランスの軍人が日本の陸軍にフランス式の戦術と戦略を教育することになるのですが、まず障害になったのが言葉の問題です。
それまでポルトガル語やオランダ語などには馴染みのあった日本人も、フランス語は新しい外国語だったのです。そこで一八六五年(慶応元年)に幕府の手によって横浜に「フランス語研修所」が開設されました。
この研修所の修業期間は五カ年で、主として公家、官僚、武士の息子たちにフランス語を教え、ヨーロッパの新知識を授けようというのが目的でした。
こうして、この研修所からはやがて五〇〇人あまりの卒業生を出すことになるのです。
一方幕府は、これと平行してフランス式の海軍を創設しようとして、横須賀に一五人のフランス人技術者を招き、造船所を造っています。彼らは日本人に造船所と軍艦の造り方を教えたのです。
ここで最初に誕生した軍艦は「松島」といい、一八八五年(明治一八年)に進水しています。これは明治一五年七月の京城事変後、フランスで建造された軍艦のうちのひとつで海軍大技監ベルタン氏をフランスから招き、日本で改良したものです。

パリに学んだ福沢、福地、中江


さて、日本からもフランスヘ行って勉強しようという人たちが現われました。前述の「フランス語研修所」ができた頃は、毎年四〇人ほどが新知識を求めてフランスへ旅立ちました。
今までの歴史家でこれら留学生に注目した人はあまりありませんが、しかし、日仏関係にこれらの人たちがはたした役割は、たいへん大きなものがあったはずです。通算すると、五年間に四〇〇人あまりの日本人がフランスへ渡っていますが、この一端についてはNHKのドラマ「獅子の時代」にも紹介されました。
このような下地があったからこそ、一八六七年(慶応三年)のパリで開催された万国博覧会に、日本も参加することになったのです。
このときは、徳川昭武が日本の代表としてパリに乗り込みました。日本歴史の中で、
このように身分の高い人が外国に渡ったことは、はじめてのことではなかったでしょうか。かつて七世紀の初頭に、小野妹子が遣隋使として中国に渡りましたが、その後、政治の中枢にある人が国を代表して出かけたことは、まったくなかったと思います。
徳川昭武は、わずか一四歳の少年でしたが、パリではナポレオン三世やビクトリア女王と一緒に、堂々とふるまっているのには感心させられます。   
フランス市民は、博覧会場ではじめて日本の品物を見て、東洋の一角の島国にもこんなに立派な文明があったことを知りました。幕府から出品されたのは、衣服、漆器、銅器、武器、船具、鉱物、書物など広範にわたるもので、フランス人の眼を奪ったのです。
書物はなるべく絵の多いものがわかりやすいということで、『江戸名所図会』、『東海道名所図会』、『北斎漫画』などが出品されました。
こうした中で、いちばん人気のあったのは「水茶屋」でした。これはある江戸商人のアイディアで、会場の一隅に緋もうせんをのべた縁台を置き、振柚姿の娘三人が茶や菓子を接待するという純日本式の演出でしたから、物珍しさも手伝って、客足はひきもきらなかったといいます。
ここでちょつと当時のフランスの政情にふれておきましょう。フランスはちょうど絶対君主制社会から近代ブルジョア社会への移行期でした。一八三〇年の七月革命で、ブルジョアの権利が高まり、つづく二月革命では第二共和国が成立し、ブルジョワ社会はここに完全に成立したかに見えましたが、ナポレオン三世の登場によって、ふたたびフランスは帝政にもどってしまいました。
これは、ナポレオン一世の神話が、まだ根強くフランス人一般に温存されていた証明でもあったのです。
この頃、日本から福沢諭吉、福地源一郎(桜痴)らがパリに来て学んでいます。 (中略)
その後、ナポレオン三世はプロシアとの戦いに破れて皇帝の座を追われ、コンミユーンという内乱をへて、フランスはふたたび第三共和国となりました。この第三共和国は、第二次世界大戦まで存続していくことになります。
 
(これ以降は電子本「日仏外交史は隠されていた」が販売されておりますのでご覧ください)                         
CHRISTIAN PHILIPE POLAK(クリスチャン・フィリップ・ポラック)
一九五〇年八月、南フランスのノガロに生まれる。
一九七一年、・パリ大学東洋学部(現、国立東洋言語文化研究所)卒。
同年、日本政府給費留学生として来日。早稲田大学語学教育研究所卒。
一橋大学大学院博士過程法学研究科修了。
現在、一橋大学客員研究員、中央大学文学部・法学部講師、日仏会館研究員。
著書に「ジャポニチュード」(共著、サイマル出版会刊)
「横浜フランス物語・フランスの外交と横浜』(共著、産業技術センター刊)等がある。
(三愛新書ー教養講演集24、人間と文化の中に掲載された「隠された日仏外交史」より)