高杜 一榮の世界

WELCOME TO TAKAMORI COLLECTION

高杜 一榮の世界 ≫ 高杜一榮のモノローグ

モノローグ

20171101水曜日

日本の犯罪史上稀に見る殺人事件、27歳の男性が一人で自殺志願者9人を殺していたことが判明した。驚くべき犯罪だが、本人も自殺志願者だったのだろう。ここで真実を明らかにしてみたい。以前から考えていたのだが、自殺は他殺に通じるということ。過去に死にたいと呟いた人がいたがその人に「自殺は他殺に通じる」と教えたことがあった。つまり自殺したい人は人を殺せるほどのエネルギーをもっているということだ。この真実は多くの人に知らせたい。自殺が他殺に通じると言うのは、自殺したい人は殺人者になれる、と言うことだ。自殺したい者は人を殺せる壮絶な殺意を秘めているのだ。自殺したい者が弱弱しい脆弱で気弱な「こころ」でいるかといえば、そうではない。彼は自殺したい意志の裏に、肉体の息を止め、相手を死に追いやる恐ろしい悪意を抱くということ。誰も自殺したい人が人を殺せるとは思わないかも知れないが、真実自殺と他殺は繋がっていると言いたい。頭と足が繋がっているように、自殺と他殺は同じ母体にいる。だから自殺したいと思う子供を持つ親は、特にその子の中の負の部分を理解していないとぞっとする場面に出遭うことになる。今回の犯人の親は自身の息子の犯罪をどう見ているだろうか?「あの優しい子が?」「あのような弱弱しい子が?」と愕然とするかも知れない。この世はすべて表裏一体。美醜の裏表、優しさの中に恐ろしい殺意が潜み、暗闇には眩い光が隠されていたりする。自殺志願者の息子か娘を持った親御さんたちは今悲しみと恐怖と絶望の中に置かれているかもしれない。どうか、自暴自棄にならずそのどん底から力強く立ち直って残りの人生を全うしてください。人生には恐怖や悲しみがあったとしても同じ程度の光輝く場面に出逢えることになっています。もしわたし自身がそのような犯罪を犯した息子を持ったとしたら、彼に何を言うだろうか?おそらく絶句するだけだろう。しかし何故9名まで殺すところまで犯罪が広がったのだろう?もっと早く発見できる機会があった筈ではないのか?これも警察の落ち度とはいわないが、9名を2名で停めることができたのではないか、と密かに思える。
 
2017年11月01日 08:08 |コメント|

20171028土曜日

東京都美術館で開催中の怖い絵展が異常に人気が出ているらしい。その中でも「レディ・ジェーン・グレイの処刑」の人気が高いようだ。長蛇の列を作って待つ観覧者の中にはこの絵だけのために来所したという声もあるらしい。そこで言いたいことがある。あの絵を描いた画家はおそらくいたいけな少女の身で死に赴かなければならなかった者への愛惜と憐憫と鎮魂の意味を籠めて描いたのではないか?そうに違いない。だが単純にそれを観に来る者たちの心の底にははたして鎮魂の意が数滴あるだろうか?ただの好奇心だけに違いない。自身が主催者であれば、この絵だけは外したかもしれない。邪悪な犯罪候補者は、この絵の前で何を思うのか?画家の心境になるのか?それとも少女の心境になるのか?それとも犯罪心理の軌道に乗りそうな自身の深層の部分に温かい血が流れているのを感じるのか?それは不明だが、大昔の見世物小屋の中に無理やり拉致されて両手両足のない奇形にされた少女がいた。美術館の前に、その当時木戸銭を払い鑑賞の生き物として見にきた者の灰色の影。ただ眺める冷酷な視線がそれらの長蛇の列の人びとの中に全くない筈はない、と思えるのだ。つまり芸術的鑑賞ではなく、恥も外聞もない露骨な好奇心だけの視線でレディ・ジョーンズを観る人はいる筈ではないのか?怖い絵展は素晴らしい展示会だが、観点が異なれば誰でも犯罪人の視線とほぼ似通った類の視線になってしまっているような気がしてくるのだ。美術館博物館などの建物。そこには古今東西から培った敬意と尊敬と品格と教養などを含んだ大きな愛がなければならないと思う。観る者に一段高い教養や礼儀、優しい眼差しなどが欠如していれば、それは画家が目指した目的とは異なると思える。好奇心だけで観にいく人がいれば、それはほぼ犯罪者と同じと言いたい。
2017年10月28日 13:42 |コメント|

20171019水曜日

あちこちにペンキで悪戯かきをしている若者に言いたい。「あなたの行為はあなたの性的欲求不満が原因です」女性にもてたことがない男性は、どこかに不満を示したくてもうまく表現できず、ペンキを買ってどこかの壁に悪戯描きするしかないことになる。彼らの目的は自身の性的欲求を満たせないもどかしさを表わしたかっただけ。つまり彼らの貯められた余分な液体をどこかにふりかけたいが、彼らにはそのような機会がない場合、壁に精液の代用のペンキで意味不明のメッセージを書く羽目になって行く。そうなってくることが見通せる。自身の深層内面を表現するための知識もなく、深層の中の貧困さをどうにもできない。ただそういう行為に集約してみせただけ。誰かがそのような稚拙な悪戯描きを驚いてくれるのを期待しているのか?誰も驚かず、褒めてくれるわけもなく、本当に迷惑なだけ。彼らの行為を記録し、三十年後子供を持つ身になった彼らを想像できるか、問い詰めたい。罰として、記録を保存し、その人間が成人し子を持った頃に見せてあげるという「親切」をするべき。迷惑な落書き犯に、将来の子供がみているよ、と告げたい。なおかつその悪戯書きが、いつの日か覚醒剤中毒に見舞われる軌道に載らないとは言えない。
2017年10月19日 10:50 |コメント|

20171013金曜日

宮崎勤の事件についてテレビでかなり大規模に事件を報道していた。幼児を四人も手にかけ殺害した宮崎は死刑になり、すでに数年が経過している。被害者の親御さん方はこの番組に協力したのか、しなかったのか。被害者の名前を変えて報道に気を遣っているのは中々神経細やか。ある意味賛否両論のあるはずの番組だった。だがここで新たな同様な事件が起こっていないとは、断言できない。この世はあの事件があっても変化はない。むしろ似たような事件が起こっているようだ。食い止める方法は「女性にもてない」「女性との付き合い方が慣れていない」「なおかつ何かの事情で女性に憎悪を抱いている」者の再教育だ。こうした犯罪者をなくす運動は可能ではない、と思える。女性に対する性的未開発の若い男性ならびに性的に異常なほどの関心を抱く者を対象に性の矯正教育が必要になる。明るく優しく教育していくしかない。

ところでYouTubeで米国の図書館の司書が韓国の学生や教授は図書館から借りた本を返さず、そのまま貴重な本を国に持ち帰ってしまう、と愚痴を連ねていた。それは管理不足ではないのか?日本では貴重な本は厳正に貸し出し禁止になっているし、本を返さない人には二度と本を借りられないシステムが徹底している。管理体制がなってないと、そういう類の被害を被ることになる筈。文句や愚痴を言う前に警戒し、管理を完璧に厳罰制度を取ることをお勧めする。結構のんびりした体質であるためか、米国でそういうことで文句を言っている。ところが政府は莫大な金額を武器や軍事施設に注ぎこんでいる。なぜかバランス感覚のない体制であるようだ。軍事に金を掛けるよりも、普通の常識や正しいマナーを教える体制をまず保つことをお勧めする。それが正しい軍備に繋がる。
 
2017年10月13日 08:44 |コメント|

20171006金曜日

先日起こった事件で驚いた。駅のホームである男が見ず知らずの他人を全身で加速つけて、打つかり線路に落とした事件。加害者は逃げて警察は捜査中という。被害者(45歳)は犯人を全く知らず、何故ホームに落とされたのか意味が判らず首をかしげている。幸い被害者は自力で線路から這い上がり怪我はなかった。これは無差別殺人の類のように見える。防犯カメラには容疑者の顔が残っていたので警察はその後逮捕したという。意味不明の言葉を言っているというが薬物の疑いもあるようだ。10月3日には米国ネバダ州、ラスベガスでコンサート中に六十代らしい男が銃を乱射して約50名以上が死亡し、負傷者は500名以上も出ている。犯人はただ撃ちまくるのみだった。逃げ出した人々は夢中で必死に走ったようだ。これも意味不明の無差別な殺人事件。警察は犯人にこれ以上死者を出させないため、犯人を殺害することを決定即実行したというが、後のニュースでは犯人は「自殺」となっていた。どちらが本当か判らない。捕まった男は過去に犯罪者で有名であった男の息子であり、自身はギャンブル好きの元会計士。これからこういう無差別殺人が起きる可能性は高い。米国は早く銃規制を敷く必要があると思うが、かなり前から規制を敷けず未だに実現していない。理由は銃に携わる業者が多いためか?日本を見習って銃規制を敷き、ナイフや包丁などの刃物を携帯していただけでも取り締まるべき。そうでなければアメリカは武器の携帯自由のために後進国と言われてしまうだろう。
2017年10月06日 13:47 |コメント|

20170930土曜日


土曜日に高校生の事件のニュースが流れていた。某学校の23歳の教師が、男子生徒の教室での態度を注意したところ生徒に足で蹴られ、怪我をした。その生徒の同級生がその様子を撮影し、それをインターネットに流したという。警察が、その生徒を調べたところ容疑を認めたので逮捕した。最近では自身がなしたことを撮影して全世界に流し、得意に思いたがる子が多い。今回は自分で撮影したのではなく、同級生であった。しかし犯罪に相当するのを知らずに事件が起きてしまうらしい。今回生徒もその親も反省するべきである。自身が学校に在籍している間に、勉強は当然頑張らねばならないが、一番重要なことはそれぞれの精神的成長は自身でしなければならない、ということ。案外親も子も、学校で学ぶ間は「勉強さえ出来れば、あとはやんちゃでもよいかも」と安易に考え、それほど細かい悪戯めいたことや、先生を愚弄する類の言動を見落とす傾向にある。最近の親は「産みっぱなし」「先生に預けっぱなし」が多い。「少しぐらいやんちゃでも」「少しぐらい羽目を外しても」と思い、なおかつ「健康なら何をしても良い」ぐらいに考えがちだ。そこに大きな犯罪に繋がる種が潜んでいるとも知らずかなり大雑把。苦言を表明したい。「あなたの子の非行、愚行は伝染する」テレビで報道されてしまうことを意識すべき。なおかつその子の将来に禍根を残す可能性を大いに考えるべき。恐ろしいのは模倣をする生徒が莫大にいるということ。ところで、事件になってしまった23歳の教師の方が教えることに対して悩み、教職を去ることのないように祈りたい。
2017年09月30日 07:38 |コメント|

20170926火曜日

9月25日の産経の「視線」というコラムにロサンゼルス支局長の中村将氏の「米教育界に浸透する韓国の「声」」と題するエッセイが載っていた。内容はまたまた慰安婦問題でカリフォルニア州では、以前からねちねちとプロパガンダと言うよりも、むしろ原始的な日本叩きの活動を展開していると言う。中村氏は最後に「日本政府に危機感はあるのか」と問い掛けていた。しかし中村氏に言いたい。どうかそういう品性のない活動をする人びとのことで頭を悩ませてはいけません。日本人は人をこきおろしたり、陰険なやり方で足を引っ張ったり、他国の悪口を言い立てる民族ではない。おそらく日本人は長い歴史の中で品格の高い雰囲気で人間関係を改善してきたのでしょう。そのため相手を扱き下ろし、陰険に陰口を聞くという流儀を持たなかった。日本人の品格の高さを、真似できない他国民は、扱き下ろし、ありもしない問題をデッチアゲて苛めるということしか出来ないわけであり、彼らはこれからでっち上げた慰安婦問題を後生大事に抱き続け、孫子の代まで日本を苛めるはずでしょう。どうか中村さんはじめ、この慰安婦問題で頭を悩ませておられる方々は、平然と毅然と日本人の品格の高さを抱き続けましょう。他国と他国人のことを扱き下ろし、ねちねちと苛めるという性質は、国家の品を失い、行く行くは自滅の道を辿るはずです。日本人は嫉妬されますがこれからは、その品格の高さを失うことなく、毅然と日本人の「人の好さ、人格の高さ」に誇りを持ち続けて生きて行きましょう。色々と日本と日本人を苛めたい民族が出てくるでしょうが、自分たちはその障碍に打ち勝つことができる筈です。
2017年09月26日 01:26 |コメント|

20170922金曜日

9月21日の産経に、日本の陸上自衛隊の活動記録が8面全面に載っていた。活動の中には地雷、不発弾除去技術の開発が含まれているという。それを知り世界が日本の防衛能力を評価したことが判った。次第により高く評価される軌道にのったと思えた。国民は自衛隊に見学に行かない限り、自衛隊の真髄を知ることはない。この自衛隊の活動が外国から高く評価されているのを知ると、それは自衛隊の価値をあげる以上のことがあったといえる。日本国家自体の値打ちを更に増し、品格をあげることに繋がる、と思えた。自衛隊に対してまだ理解が得られていない面もあるが、これからはこの組織が日本の値打ちを更に上げて行くのを見守り、理解するスタンスを培うことが肝心。日本の価値の真価を担うのは彼らの真摯で揺ぎ無い団体力に違いない。陸自のPKO派遣について「日本の支援は他国と較べて特別だった」という賛辞があったという。更に国連特別代表が「日本はあらゆる面においてプロだった」と述べている。これは以上の褒め言葉はない。この賛辞が未来の自衛隊を担う若者の脳裡に残って欲しい。
2017年09月22日 19:57 |コメント|

20170919火曜日

9月14日付けのJAPAN NEWSの3面にロンドン・ビジネススクールの教授リンダ・グレイトン氏がJAPAN NEWSの取材に応えて日本女性の労働力の実態を語っている。「日本女性の働く環境と実態は過酷である」「平等なる人間関係が収入の差によって築かれてしまうことは避けられない」「労働力の率でいえば、日本女性は他の先進国よりも低い」「日本では子供を持っている女性は子供を持たない女性よりも仕事を持つ機会に恵まれない」「社会が女性の労働面の問題をもっとアクティブに対処するべきであり、政府は子供を持つ女性にケア・システムを配慮すべきである」などどれも貴重な指摘である。最後に彼女は「世界は日本を見ている。100歳まで生きる時代の模範国として日本を観察している」と主張。「長生きの国民の社会に、不平等問題に直面してしまいそう」「低収入の国民を救う対策として、再教育などで対処すべき」 と適切な助言をしている。これほど日本の弱点を突いた適切なアドバイスは滅多に出逢えるものではない。人生100歳時代に日本がどう対処するのか、世界は日本に焦点を当てているのだが、日本はまだ揺り籠に寝ている赤子に等しいほど進歩的ではないようだ。
 
最近、豊田議員が騒動を起こしてテレビで砲火を浴びている。しかし顛末を精査すると、それほどの非難を向けるべきではないような印象がある。逆にこういう勇ましい強い女性が政治を動かして欲しい。冷静に判断すれば、彼女の暴言事件の原因は更年期障害が起因しているような気がする。つまり時期的にそういう時期に起こった事件であり、寛容の精神で受け止めてあげて欲しい。twitterにこの件を書いたところ受理されなかった。理由が知りたい。
2017年09月19日 12:22 |コメント|

20170917日曜日

先頃思わぬ出来事があった。その日何だか気分が高揚していたらしく、身体に勝手なリズムが流れていたらしい。路上で派手に転んでしまい、道路に突然転倒してしまった。どこをどう打ったのか気が付かなかったが、後で鏡を見て良く判った。打ったのは額だ。額にこんもりと丸い瘤ができていた。まるでおでこに丸いボールを飾ったような具合だ。自分は四六時中、鏡を見ているわけではないので知り得ようもないのだが、鏡を見ると異常な顔が映っている。両目の瞼に青痣が出来ている。それも良く出来た悪相の顔のようだ。二日も経つと、左の眼の上瞼がまず紺色の痣になっていて、どぎつく人相を変えてくれていた。右の眼の周りにも同じような青痣ができている。自分の怪我を観察して記録したのは始めてだった。新鮮な体験だ。傷は後で華麗に変化していた。瘤も小さくなりつつある。良く観察すると、額のコブから血が流れて両目の瞼に血が広がったらしい。実に粗忽なわたしにはためになる体験だ。顔を見ると当面人に会えないと感じる。そのため会うことを約束していた友人に延期を申し入れたのだ。ともあれ顔の傷を作ったのは自分で、誰かに殴られてできたわけではないので、それだけでも幸せだ、と思うしかない。今では凄みの増した顔面の青痣をどうにか判らなくするためにファンデーションを塗りサングラスをするしか手がなくなっている。だがここ数十年以上化粧をしなかったわたしには、顔に何かを塗ることが苦手で、困惑している。医師に「痣は温めても駄目。二週間ほど経てば消えるから待ちなさい」「転倒は老化です」と言われた。額と心をガーンと殴られた感じだった。
 
2017年09月17日 20:57 |コメント|