高杜 一榮の世界

WELCOME TO TAKAMORI COLLECTION

高杜 一榮の世界 ≫ 高杜一榮のモノローグ

モノローグ

20180916日曜日

最近猫2匹を世話している。一匹は相棒が飼っていたメス猫、ちびちゃんという愛称で呼んでいた。このちびちゃんは賢い猫で、突然現われた自分を懸命に世話してくれたというので、ある日彼女はいつもありがとうと礼を表わすつもりだったのか、口に何かを咥えてきて、投げた。ベッドの上に小さな痩せたねずみが、転がっていた。彼女は普通の人間ではではないので、普通の人間のようなお礼をできない。自分ができるだけのお礼をしたかったらしく、ベッドの上にネズミを投げた。飼い主の相棒は涙をこぼして「ありがとうね、ちびちゃん」と言いそのネズミをありがたそうに新聞紙に包んで述べた。「これはオレは食べられないけど、ちびちゃんのキモチは判ったよ、ありがとう」それは彼がちびちゃんが生まれてから二ヶ月ぐらいしか経っていない時に知り合っていたので、彼女の気持ちがありがたかったためだった。最近相棒が施設に入ったので、ちびちゃんには「おじさんはまだ帰らないよ」と言いながらお食事を与えている。ちびちゃんはわたしの言葉を聞きながら「あ、そうなの」というかのように夢中で「お食事」をいつものように食べる。あの世にいけば猫だって会いたい飼い主に会えるかも。ずっとさきのことだけど、猫だってそれぐらい理解してくれる筈だ。そういえば死に水を愛する猫に取ってもらいたいと思っていた相棒は、今頃いつちびちゃんに会えるか、思っているかも知れない。ちびちゃんは相棒の猫だが、常に彼とチビチャンの相思相愛を眺めていたわたしは「わたしにも愛する猫が欲しい」と呟いているうちにある日突然、チビチャンとほぼ同じ白と薄い茶色の斑点のある猫が訪ねて来てわたしは精一杯のご馳走をした。かなり良いペットフードを揃えていたので、その猫は夢中で貪った。その次の日もその猫はやってきた。わたしはまた無理して揃えたエサを皿に盛ってあげた。彼女はペロリと食べた。次の日彼女はわたしに抱き着いてきた。まるで二晩で懐いた猫だった。それで名前を「ナツキ」とつけた。わたしの家の窓に毎日ナツキはやってきて、窓からスルリとカーペットに降りてきて、そのまま白い肢体を長く伸ばして眼を閉じる。本当に安らかな眠りを味わっているようで、爆睡の様子が凄いかわいい。ここに写真を載せたいがスキャナーがないので今は無理。いつか皆に見せたい。ナツキの爆睡は素晴らしく可愛い。だがちびちゃんとナツキ二匹の世話にはかなり無理があった。次回は猫の嫉妬について書く。
2018年09月16日 21:41 |コメント|

20180914金曜日

週刊新潮の9月6日号に掲載されていた『「綾瀬女子高生コンクリ詰め殺人」の元少年による「殺人未遂」で逮捕された』と題する記事を読んで、地獄は誰が造るのか?という疑問に苛まされた。この事件は1989年1月4日に起こっていた。事件を知る人すべてが、最悪で本当の地獄を見た少女とその親御さんの無念をどれほど理解しているのか、?疑問が起こる。誰でもこの種の記事は「気の毒に」「何とかならなかったのか?」と思うだけでそれ以上の言葉がない。驚くべきことに記事はその後その犯人グループの更生が完璧ではなく、再犯を犯させるような事態になっていたのを、伝えている。この事件は当時16歳だった女子高生Jさんが六名の男子によって監禁され、暴力を揮われ、衰弱して死んだ後、ドラム缶に入れられ、コンクリートで固められ、遺棄された事件である。ところがその少年たちの更生が「甘かった」のか「お座なり」だったのか「再犯を犯させない完璧なもの」であったのか、疑問であるという内容であった。彼らは揃って完璧な更生をなされずにシャバに出て、ものの見事に再犯を繰り返していた。つまり「更生未完」のまま出て来たということらしい。事件を起こした少年は懲役五年以上九年以下の不定期刑だったが、主犯格の男性は出所後ムエタイジムに通い、さらなる暴力の技を磨いたようだ。それが再犯へと繋がったのか不明。今年6月彼はパートナーと某アパートに移転したが、今年8月19日アパートの別棟の住人とトラブルを起こし、その住人を警棒で殴り、ナイフで首を刺した。医師は「後5ミリずれていたら、死んでいた」と告げた。被害男性は覚醒剤の常習者かと疑ったが、警察側は「そんなレベルではない。もっと大物だ」と述べたという。彼の過去を告げると「ぞっとして背筋が寒くなった」という。この世は本当に地獄を自然に、ほとんど黴菌が生のままばら撒かれたように作られるものらしい。この週刊新潮の記事を読んだら被害者の親御さんはどんな思いになることか、と真実空恐ろしい思いがする。いくら人間は未完成だとはいえ、殺人を犯した者をそのまま未完性の更生で外に出して平然としているのは、どういう神経なのか?この世は人間が地獄を作っていると、真実思わねばならない世の中になってきたようだ。どうか、未成年の犯罪を厳しく罰するべく多くの方々が少年法の改正に関心を抱いていただきたい。ここで思うのは犯人の親が重大な殺人事件を起こした息子に対し、まったく無力で家庭での再教育をしなかったと窺えることだ。子供が犯罪に手を染めたらそれは親子といえども、子の人格は別なのでそこまで責任を取れない、と胸を張っていうのなら、今後親になるなら、子の犯罪責任があると自覚する者しか、出産を認めないと法律を変えたらどうなのか?真実少年法の無力を、もっと拡大して大幅に世間に是非を問うことが必要だ。わたしが親なら、再犯を繰り返す前に自身で子を殺して始末し、世間に迷惑を掛けることはない。収監されている主犯格(警察が大物と称した男)が再度事件を犯さない程度に更生できないのであれば、一生「無料の宿」にお泊りいただき、死ぬまでお過ごしいただきたい。
 
2018年09月14日 11:11 |コメント|

20180907金曜日

今日は某老健に出かけました。それというのも知人が入居したと知らされていたから。ところが、その老健は入居者の面会になかなか厳しい規律があるようで単純に友人と述べても面会不可。聞いたところどこでもそうだというので、甘かったと痛感。帰りに焼け食いをしてしまいました。なにしろ自身も将来その種の施設に入るという想定の「計画」があったため、のっけから面会謝絶じゃ、自分は入居したら誰にも会えないのかと不安になってきた。老後のプログラムを描いていたわけではないが、かなり綿密に確りと描いてないと理想的な老後にならないかも、と。友人にそう話したら「えーっ、あそうなの?そこかなり良いと思っていたのに」と彼女も不安そう。二人の息子があっても将来は老健に入居しようと、ほとんど悲壮な覚悟をしている様子に愕然。これからどういう未来を描こうか、人生の終活の書き直しを迫られた感じ。
2018年09月07日 19:06 |コメント|

20180829水曜日

このところ諸般の事情でHPの更新ができなかった。友人の入院が今年に入ってから二回。一回目は三ヶ月、二回目は八月から始まってまだ退院のお知らせがない。脳梗塞の後遺症もあるらしいのだが、本人がかなり根性の帝王という性格で、入院中自身自身でリハビリを続け、見事歩けるまでになった。医師も驚いたほどの根性を見せたのだというのだから、驚く。根性のある人は病気に勝てるらしいが、この先どうなるか不明なので心配。毎日のごとく見舞っているが、未だに退院とならないようだ。この病院がすこぶる厳しい。お腹が空くというので色々と持参すると、まるで子供の玩具を取り上げる風にパンなどを掴んで食べさせない。喉が詰まると困るのは病院側ですから、というのだが、わたしはかなり怒り狂い、彼女の汚い手からパンを奪い返して、何か叫んだ。何を叫んだか覚えていない。あまり腹が立ったので、次回からは何も持参しないことにした。同室の患者に分け与えたことが問題らしいが、何も不衛生なことはしていないし、なおかつ不衛生に取り上げたのは看護婦の方だ、と眼を怒らせた。可哀相なのはパンを楽しみにしていた友人と同室の患者たち。ともあれ看護婦に見つからなければ良いのだと、注意することにした。まるで刑務所の看守のごとく見張っているため、無事彼らに食べさせることが出来るか不明。空腹に耐え切れない患者たちが可哀相。しかしどこでも真夏は怒りの場面が多いらしい。早く本格的な秋になって欲しい。
2018年08月29日 09:57 |コメント|

20180727金曜日

最近気になっていることがある。それは例えば都庁のトップである都知事小池百合子氏の写真の眼の部分に画鋲が刺さっていたことだ。あの行為は個人的な恨みかそれとも存在自体が不快なのか、どちらなのだろう?見ているとその画鋲を刺した人物の貧相な人生と中身のない脳の無様さだけが感じられる。その画鋲が自分の姿を映し出しているのを知らないのかも知れない。ただ画鋲を刺しただけだと本人は思っているかもしれないが、全くの会ったこともない他人が、その貧相な脳の中身と知性とはかけ離れた品性を、この人は無価値な人であり、他人から覗かれれば際限なく罵られる類の人物、と見られることをまだ判っていない。そのため気楽で居られるということだ。その当人よりも遥かに人格者の人物の写真の顔の眼に画鋲を刺すということが、あなたの貧相な現実を多くの人に知られてしまうことになる。よく理解して欲しい。自分に子供ができ、そういう人間になっても良いと思えるなら、画鋲を買い続け、際限なく同じことを続けてください。誰もあなたを尊敬しない。ただあなたの脳の貧相さを世界の人が眺めているだけだもっともそういう類のことしかできない人は、自分の姿を全く見えないだろう。もう一つ気になる事を書く。有名人や俳優女優などのサインを欲しがり行列を作ってまで手に入れる人びと。サインを書いている人たちは「こんなに人気が出て嬉しい」とは思うが、一方真面目で真剣に人生を歩いている人から見ると「何故ただのサインをこうまで並んで欲しがるのだ」と気になる筈。「サインを欲しがるのは全く教養のない行為」と言いたい。人生のうちでそれがどれほどの重要なのか不明だ。あの長蛇の列を作り、サインを欲しがる行為は、人生の中でそれほど無駄なことはない、と言いたい。そのような時間があるのであれば、サインを欲しがるその心理をもっと研究するべきではないか?サインを欲しがり、またサインを持っている人からそのサインを盗んだりする人がいる。それも貧相な人格のなせる業かもしれない。サインは何が重要なのか?将来それを売れるかもしれないと思って集めているのであれば、貧乏根性と言いたい。もっと自身の心身から重要な発想を生み出して欲しい。とはいえ全く皆「深いこと考えないで、なしてしまうこと」が多いのかも知れない。
 
2018年07月27日 21:37 |コメント|

20180716月曜日

最近思うのは結構便利で、能率的な暮らしに慣れて、本来身につけていた素直さや原始的な稚拙さ、生きて行く上で失うべきではない万物に対する謙虚さを失いかけているのではないか?正確に言えば文明や科学的未来型の暮らしに疑問を持たず、やや傲慢な怠惰さが時折顔をだしてしまうのではないのか?このまま地球が滅んだらどうする、という危機感もゼロ。なにしろこの猛暑はエアコンをつける習慣とは全く関係がないとは言えない。世界的な規模で、今から月一回か二回、エアコンを辞め、本来の肉体が与えられている能力だけで生きることを目指すべきではないのか?この暑さに冷房の効いたところに入れば、すぐそれに順応して身体は快適な温度を楽しむ。だが慣れてしまうことが果たして良いのか?これからの地球を真面目に考えてどこかで世界的に対策を講じた方が良くはないのか?老人たちは死んでしまう。誰か未来を変える画期的な運動が急務だと思う。そうは思えませんか?
 
2018年07月16日 18:37 |コメント|

20180715日曜日

自身の夏の過ごし方は冷房なしの極暑暮らし。その中身は先ず冷蔵庫に濡らしたタオルをビニールの袋に入れて保存しておき「暑い」と感じたらそのタオルを取り出し首に巻く。温くなったタオルは洗ってまた冷蔵庫に入れておく。こういう単純な「冷房装置」で暮らしている。これは今に始まったわけではなく、四十年も前からやっている習慣。何故こうなったかといえば、その当時東京プリンスホテル(芝に在る)の仏語担当のフロント係だった時代に冷房病になり、医者通いせざるを得なかった時期があった。それで冷房をなるべく自身でも使わない工夫をして、家では冷房なしで暮らすことに慣れていた。つまりどんな酷暑にも慣れ親しむという暮らしだった。とにかく夏大好きで暑いのもそれほど苦にしない質なので、これが続けられている。おそらく身体が丈夫だからそういう生活に耐えられるのかも。胃腸も丈夫らしく、聞いた話では胃腸が丈夫な人は健康でいられるというのだそうだ。母にいただいたこの健康体を後どの程度使わねばならないか、不明だが「ママ、こういう身体に産んでくれてありがとう」と言いたい。母の書いた俳句のノートに「カナカナや、遊覧船も帰り来ぬ」という句がある。母は当時の中村汀女先生の俳句教室で指導されていた。それも数百名ほどの人数だったらしい。わたし自身の書いた昔の俳句は「てんとう虫 指先にあり 石地蔵」「賑やかに 犬の眼に映ゆ 夏祭り」などだ。テレビの夏井先生の俳句番組を観ているが、俳句の世界の面白さはシャープでなおかつ「切なさ」も感じる。 
 
 
2018年07月15日 16:28 |コメント|

20180619火曜日

最近というか、かなり前から頻繁に発生しているストーカー殺人も気になるが今回幼児の殺害事件のことを書きたい。最近幼い女の子を殺害する事件があった。どうやらこの問題は解決不能な深層の分野になると思える。ストーカー殺人は以前十代の女性が付き合っていた人に恨みを抱かれ殺害された事件もあった。この種の大人になった若い女性が被害者になる事件は今後また書くことにするが、今回は幼い女の子が犠牲者になっていることを主題にする。何故男性は幼い女の子を狙うのか?これが疑問に思えたがどうやら男性の中の深い部分に、燻(くすぶ)っているものが事件を起こすらしい。男性方は責任を持って自分たちの同胞が犯した犯罪を他人事とは思わず、解決への努力を示していただきたい。「どうせ色気狂いが犯した犯罪だろう?」「オレは違うから」「自分は今、粗末な相手だが充分満足しているから」「オレとは全く世界が違うから」そんなことをノホホンと呟いているから自分の大切な存在を殺される羽目になる。とにかく猫も杓子もブス男も美男も責任をもって解決への道筋を見つけて欲しい。あなた方の誰かの幼い娘が将来素敵な魅力を持った女性に成長してゆくのを無視して、熟慮せず簡単に殺めてしまったのか?その奥に在る筈のどうにもひとくくりできない色欲と間違った情熱の暴走を、何故止められなかったのか?それは偏に女性全体を長い間下位に置いていたことに因るための「文章にも出来ない程度の恥も外聞もない不埒な行為」であったのですか?それが本当なら根幹の「そこんところ」を「ここらへんで」どうにかしませんか?幼児の女の子を殺した罪はその人の家族親族知人にまで非難が及ぶ筈の大罪ですよそこんところを理解していますか?あなた方男性側で熟慮して解決をつけなければならない問題です。今後幼い娘が毒牙に掛かり殺されることにならないように「手を打つ」ための何らかの動きをしないといけないと思いませんか?女性にも責任があると思われるなら、そこのあたりをもう少し正確に煮詰めないといけません。しかしながら何故女性はこの種の犯罪を犯さないのか?それは母性が絡んでいるからなのか、母性は異性に対する誤まった情熱の迸りを停めることができるのか、不明だが女性が幼い男の子を誘拐して殺害したという事件はないようだ。どうもそこのあたりに男性のこの種の事件の深層がありそうな気がする。しかしこの世は意外と進化していない。問題解決には男女両方がタッグを組み取り組まねばならないとみえる。事件が起き、騒ぎ立てそのまま時間が経過するというほとんど何も進展しない世間の風潮が続いている。事件はどこで誰によって起き、そして忘れ去られているのか?日本には事件解決のための究極の知性が存在しないのか?
 
2018年06月19日 02:57 |コメント|

20180519土曜日

この前新潟の小学二年の女の子が殺害され遺体となってみつかった事件だが昨日容疑者が逮捕されたとTVで報道していた。23歳の青年だ。顔をテレビで見ると大人しそうな優しい顔だ。彼が犯人であるというのを、知って驚くしかない。しかし残虐な児童殺害事件をした人物が優しい顔であるというのは、何故か言葉に窮するし、なおかつ知っているあの人に良く似ている、と恐ろしくなる。実に表現しがたいものがある。嘘かも知れない、と思えるが真実に違いない。逮捕前も幼い女子に手を出して悪戯しかけて逮捕されていたばかりだという。しかし親御さんはどう思っているのだろう?一番死にたいほど悲しくて仕方がない人が二名がいる。犯人と被害者の親御さんの二名。犯人の逮捕があっても、まだ恐怖感がなくなったわけではなく、同じような犯罪に手を染める予定があると思しき人物が存在するという情報が厳然としてあるようだ。どのような対策が必要かといえば若者への「性教育の徹底的な見直し」としかいえない。日本の性教育はほとんど未開の印象しかない。性教育を真摯に取り組み、自身の子を正しく導いている父親は現在100人中どの程度いるだろうか?昔も今も性教育に真面目に取り組み実践してきた人は極めて少ないと感じる。息子が突然警察のご厄介になり、痴漢や、幼い子へのわいせつな行為をしたなどの罪状で呼びだされて初めて「自身が息子に真面目に性教育を施していなかった」と気付いた。こういう親が99パーセントだろう。それほど真面目に取り組まなかった理由には、性を教えるという教育をされていないからだといえる。親もまた「性教育不毛時代」の迷える子羊といえる。不毛時代というのは、昭和の昔はエログロなどの言葉があるように、メディアが勝手に作り上げた「無責任な垂れ流し」の結果がそこにあると言いたい。模範的な性教育の出来た親は例えばこんな具合だ。テレビドラマに出て来るキスシーンや性行為のシーンを見てチャンネルを切るのではなく「こういうドラマで育つと性的な感性が歪む」または「全うな成長をしている青年はこういう場面から性を学ぶかもしれないが、現実はこうではない、お前は良い指南本を読んで勉強しなさい」などと一言述べ、性を語ることのできる親になるべき。息子から質問が来た時はまっすぐ対応する。それが犯罪を生まない家庭を生む。なおかつ性犯罪で逮捕された犯人がテレビに映じたら「今日はこの犯罪について話そう」と親から提案して意見交換をする。そういう会話が日常的に交わされていたら、性犯罪の重き部分を理解していける筈だ。息子と同じ程度の性教育の理解力であれば、親も良い機会だから学ぶことが出来る筈だ。日本人は「性」に対して含羞が多く、アメリカ人などのようなあっけらかんとした開放感がない。その分犯罪率も異なって来る。だが彼らを真似たところで性教育が正確に施されるか、は不明だ。ともあれ親子揃って勉強しなければならない喫緊の問題といえる。
追記:このところ家人の入院などで多忙のためこのコラムをに長期にわたって休憩しておりましたことをお詫びいたします。
2018年05月19日 05:40 |コメント|

201800327火曜日

最近の傾向としてテレビの出演者がほとんどすべてに近いほど「歯が白い」こと。気味悪いほど白い。あれって、どういう意味。確かに歯が黄色いとやや優雅さに欠けるかもしれない。だが自然体を貫いて欲しい。テレビ出演の前に歯医者に出かけ、白く光るように磨いてもらったのは悪くないけども、出て来る人すべてが歯が白いと何か不自然。もう一つの傾向として何かと言うと踊り出すこと。それも一斉に意味もなく踊り出す。これも不自然。あとどういうわけか、一つのスキャンダルが起こると皆そこに集中して、一斉に同じ種類のスケープゴートに襲い掛かる。あれって魔女狩りに近い。どうしてこのように知恵も教養も同じ程度に集中して、特色がなくなるのだろうか?不思議。おそらく「テレビは疲れているのだ」と思わざるを得ない。疲れているテレビはやはり休憩または麗しい休息を取るべきかも。
 
2018年03月27日 16:53 |コメント|